なるみパラダイス なるぱらなるぱら - 【市長】平成22年1月18日 市長定例記者会見 - 【市長】定例記者会見(閲覧専用) - フォーラム

名古屋市緑区の地域ポータルサイト なるみパラダイス 地域情報発信と情報アーカイブとコミュニティスペース 鳴海・有松・大高・桶狭間・徳重・滝ノ水の地域情報など

当サイトの情報更新は令和4年9月中旬から主にWordpress版で行っています。

【市長】平成22年1月18日 市長定例記者会見

このトピックの投稿一覧へ

なし 【市長】平成22年1月18日 市長定例記者会見

msg# 1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2010/1/22 12:21 | 最終変更
narupara  管理人   投稿数: 7555

【市長】平成22年1月18日 市長定例記者会見の内容です。


この記者会見に関するコメントは
[なるぱら]平成22年1月18日 市長定例記者会見
http://www.narupara.com/modules/x_movie/x_movie_view.php?cid=2&lid=108
のコメント投稿をご利用ください。このページへの投稿は管理人のみとなっています。

会見事項
●地域委員会モデル地域の決定
地域委員会のモデル地域を決定しました
http://www.city.nagoya.jp/shisei/gyouzaisei/nagoya00076457.html

●「第1回相生山緑地の道路建設に係る学術検証委員会」の開催
平成22年2月1日開催:第1回相生山緑地の道路建設に係る学術検証委員会
http://www.city.nagoya.jp/shisei/jyoho/jyoho/suishin/kaigikoukai/kaigioshirase/nagoya00076136.html

●「市民大(だゃぁ)討論会“自転車について話そまゃぁ"」の開催
「市民大(だゃぁ)討論会“自転車について話そまゃぁ"」を開催します
http://www.city.nagoya.jp/kurashi/event/event/nagoya00076380.html

内容
おはようございます。1月18日の定例記者会見を始めさせていただきます。

まず、報告事項ですが、地域委員会モデル地域の決定についてです。モデル地域に申請いただいた8区14地域の中から、田代(たしろ)学区、江西(えにし)学区、汐路(しおじ)学区、豊治(とよはる)学区、小幡(おばた)学区、桶狭間(おけはざま)学区、貴船(きふね)学区、表山(おもてやま)学区の8区8地域を、モデル地域として選定しました。

1区1地域ということできましたので、16までええんじゃないと、1区複数でもという気もしたんですけど、今回は初めてのことですので、区役所が相当集中的にやりたいということですので、こういうふうにさせていただいたということです。応募期間が短くて、まあちょっと長くならんかという声も聞いたんですけど、今回は第1次という感じでして、呼び方は第2次になるか再募集になるか新規募集なのかわかりませんけど、なるべく早い時期に次の募集に入りたいし、本格的な運用も早くやりたいものですから、ひとつこういうことでお願いしたいと思います。

課題を要求しておりますけど、これは議論があったんですけど、本来は課題を決めるのは地域の一番のメインの仕事ですので、そもそも課題を要求するのはおかしいんですけど、これは初めの第1回ということでその後のことも考えて、とりあえず今回だけの特例ですので、お願いしたいと思います。

よく応募していただきまして、ありがとうございました。選挙に出るということは実は大変なんで、私は5つくらい出てこればとりあえずええかなと思っとったくらいの話ですが。ようけの方が勇気を奮っていただいて出していただいて、本当に感謝しております。日本初めての壮大なテストが、民主主義の、実験と言うと怒られますけど、人間ですから、始まるということですので、ぜひ市役所を挙げて応援をしたいと思っておりますので、よろしくお願いします。

問題は、選挙権が今のような仕組みではなくて、応募した人、全員にいっぺん通知が行きます。例えば田代学区ですと、田代学区全員の人に、こういう仕組みでモデル学区になりましたと、従って立候補者と選挙権を登録されますかと行きますので、ぜひ、なるべくようけの人が選挙に参加していただく。何といっても立候補してちょう、ぜひ、市民の皆さん。金は要りませんので。選挙、はっきり言いまして暗いイメージが付きまとっておりまして、お母ちゃんがすぐ反対するんですわ。おとっつぁんがいっぺんやりたいと思った時、お母ちゃんは反対しないようにお願いしたい。大きいのは、お金が要りませんし、身近なことをみんなで決めていこうということです。

やるのは別に夜と決まっておりませんけど、たぶん働いている人なんかでも参加してほしい。18歳以上ですから、大学生、高校生でもいいんですが、若い人にも参加してほしいということになります。参加というか委員になりますと、土日、夜間ということになりますので、働いてみえる方も、参加できる体制を取りますので。今日からで結構ですので、立候補の意思のある方は、区役所へ「私この学区に住んどるけど、立候補したいけどどうしたらいい。」ということ、ぜひ遠慮なしに伝えていただきたい。常に区役所はパブリックサーバントたらんと努力しておりますけど、この質問につきましては、特に丁寧にお答えするということですので、ぜひ声を上げてください。

申請がなかった8区につきましても、先ほど言いましたように、なるべく早く追加募集をします。私の知っているところでも、ちょっと時間がなかったもんで間に合わなんだという話もありました。

2点目は、「相生山緑地の道路建設に係る学術検証委員会」についてです。去年の9月に、地域の皆さんの意見をお伺いすることができました。現場に行きまして。課題として出てまいりましたのが、“道路とホタルが共存できるのか"、“道路整備の必要性はどれほどなのか"ということで、科学的に検証をせないかん。時間も経っておりますので、今回、検証委員会を行います。

委員には、生物、ホタルちゃんの立場から考えようという方、交通の専門家、9名のほか、武田アドバイザーにも入っていただきます。第1回目の会議を2月1日(月曜日)午前10時30分から名古屋市公館で開催いたします。公開の場で、検証を進めていただき、それをふまえて道路整備を進めるか否かを判断したいと思っています。なお、工事については中断の指示がしてあります。これは初めてだろうと思います。

3点目は、「市民大(だゃぁ)討論会“自転車についてはなそまゃぁ"」の開催についてです。中期戦略ビジョンのタウンミーティングで、ほとんど毎回に近いくらい話が出まして、もっと利用を推進してくれと言う方と危ないでそんなビュービュー走ってもらってはいかんと言う方と、いろんな意見が出てまいりまして、わしも長年自転車に乗って、当選させていただきましたので、この際はいっぺん自転車を大都会で、名チャリの実験も日本最大の実験のようですけど、どういうふうに今後進めていくかについて、大討論会をやりたいと思います。

ワークショップとパネルディスカッションの2部構成でやりますので、ぜひ皆さんお越しをいただきたいとうことです。今日から募集をします。先ほど言いましたように、利用を推進すべきだという方だけに留まらず、危ないがねという方も、どうぞ声を上げていただきたいと思っております。

報告は以上ですけど、総務省のほうで、地方自治法の抜本改正について、検討会が始まったということになっておりますので、名古屋においても、国と地方の全体的なあり方について、積極的に提言をしていこうということでワーキンググループを設置しました。

例えば、私がよく言っておりますけど、最近、道州制の議論とか仕組みを変える議論が盛んですが、本来はやっぱり財源移譲が中心なんで、ズバリ言えば、地方税法を廃止しろということ、1つは。これは本当は当たり前のことで、商売やってみえる方だったら、自分のとこの売る値段を自分で決めれん、こんなアホなことがあるかということです。何が自治体かと言ったら、税金を自由に決めれるというのが、当たり前の自治の根源ですから、そういうこととか。

それから地方財政法5条ですけど、僕は現実には借金じゃないと言っておりますが、一応どこからか起債をする時に、総務省の許可とか協議がいる、ええかげんにしとってもらわんといかん。そういう根本問題についても提言をしていきたいということです。

以上です。

質疑応答
※項目の後の時間表記は、動画における質問開始時間の目安です。

1.平成22年度予算パブリックヒアリングについて(10分35秒頃)
2.第1回相生山緑地の道路建設に係る学術検証委員会について(12分15秒頃)
3.地域委員会モデル地域の決定について(14分35秒頃)
4.政治資金問題に関する民主党小沢幹事長の発言について【その1】(20分35秒頃)
5.地域委員会での外国人参政権について(26分15秒頃)
6.障害者自立支援法の見直しに対する名古屋市の対応について(27分25秒頃)
7.名物おかみの訃報と名古屋弁について(30分15秒頃)
8.政治資金問題に関する民主党小沢幹事長の発言について【その2】(31分40秒頃)

名古屋市:平成22年1月18日市長定例記者会見(市長の部屋)
http://www.city.nagoya.jp/mayor/kaiken/h21/nagoya00076499.html

--
管理人です。twitterの個人アカウントは @narupara 、サイト更新情報は @narupara_news で緑区地域情報のハブ的役割を目指しています

投票数:9 平均点:5.56

投稿ツリー

  条件検索へ


ページの先頭へ戻る