なるみパラダイス なるぱらなるぱら - [中日]店員のSMAP愛、共感呼ぶ タワーレコード大高店「聖地」(2017/3/1掲載) - スポットへのコメント - フォーラム

名古屋市緑区の地域ポータルサイト なるみパラダイス 地域情報発信と情報アーカイブとコミュニティスペース 鳴海・有松・大高・桶狭間・徳重・滝ノ水の地域情報など

[中日]店員のSMAP愛、共感呼ぶ タワーレコード大高店「聖地」(2017/3/1掲載)

対象モジュール エリアスポット
件名 イオンモール大高
要旨 平成23年11月21日にイオン大高ショッピングセンターからイオンモール大高に名称変更しました。 ですので、それを機会に新たにスポットを登録しなおしました。 イオンモール大高は「...

このトピックの投稿一覧へ

なし [中日]店員のSMAP愛、共感呼ぶ タワーレコード大高店「聖地」(2017/3/1掲載)

msg# 1.20
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2017/3/1 18:37
narupara  管理人   投稿数: 5739
昨年末に解散した人気アイドルグループ「SMAP」。ファンたちの「聖地」が、名古屋市緑区南大高二にある。音楽ソフト店「タワーレコード大高店」だ。聖地誕生の理由は、店舗スタッフの「SMAP愛」。売り場の様子やSMAPへの思いを記したツイッターの投稿が話題となり、海外からもファンが集う。

SMAPの売り場を担当の店員さんは六歳の時からファン。「生活の一部、人生の一部です」と話すほどだ。

売り場は二〇一五年から拡充。当初はアルバム紹介のカードを書くぐらいだったが、毎月、メンバーの誕生日などを祝う「応援週間」を設けてパネルを置いたり、ファンに頼んで描いてもらったイラストを展示したりと、次第に規模が大きくなっていった。

意識したのは「ファンの方が見たら、うれしいと思うことを必ず入れる」こと。「メンバーカラーで装飾したり、香取慎吾君がよく描くキャラクターを使ったり。ポップに書くコメントもファン目線のコメントです」と笑う。

売り場の写真とともに、店員さんがつづるツイート内容がファンの共感を呼び、「聖地」と称されるようになった。「ここに来るとホッとする。SMAPが愛されていることが分かる」と国内はもちろん、台湾や米国から足を運ぶファンがいる。「SMAPを見たくなると、ここに来ます」と言う人も。

現在は、ファンから提供されたスタンプや、コメントを自由に書けるノートとボードも置く。店員さんとファンの思いが詰まった場所。店員さんは「一緒につくり上げている感じが、すごくある。一人じゃ、ここまでできなかった」と感謝した。

「ファンはみんな、まだ諦めていません。三月も応援週間を設けて、コーナーをつくる予定です」と意気込む。解散から約二カ月。ファンの愛は止まることを知らない。

店員のSMAP愛、共感呼ぶ タワーレコード大高店「聖地」:愛知:中日新聞(CHUNICHI Web)
http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20170301/CK2017030102000052.html
投票数:0 平均点:0.00

投稿ツリー

  条件検索へ


ページの先頭へ戻る