なるみパラダイス なるぱらなるぱら - 【市長】平成22年3月1日 市長定例記者会見 - 【市長】定例記者会見(閲覧専用) - フォーラム

名古屋市緑区の地域ポータルサイト なるみパラダイス 地域情報発信と情報アーカイブとコミュニティスペース 鳴海・有松・大高・桶狭間・徳重・滝ノ水の地域情報など

当サイトの情報更新は令和4年9月中旬から主にWordpress版で行っています。

【市長】平成22年3月1日 市長定例記者会見

前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2010/3/2 17:50
narupara  管理人   投稿数: 7555
【市長】平成22年3月1日 市長定例記者会見の内容です。

この記者会見に関するコメントは
[なるぱら]平成 22年3月1日 市長定例記者会見
http://www.narupara.com/modules/x_movie/x_movie_view.php?cid=2&lid=122
のコメント投稿をご利用ください。このページへの投稿は管理人のみとなっています。

会見事項
●チリの大地震

●地域委員会委員の委嘱
地域委員会のモデル実施をしています
http://www.city.nagoya.jp/shisei/gyouzaisei/nagoya00076457.html

●2010年春「武将都市ナゴヤ」キャンペーンの実施
武将都市ナゴヤ(外部リンク)
http://busho.ncvb.or.jp/

●「ナゴヤ名所盛り上げ隊」の結成


(内容)

 おはようございます。3月1日の定例記者会見を始めさせていただきます。

昨日のチリでの大地震の発生ですが、大きな被害が伝えられています。安否不明の方々のご無事を心より願っています。地震による津波は日本を襲い、名古屋市では港区で一部、避難勧告が出され、緊張する一日となりました。今後も災害に対しては、気を緩めることなく万全に備えてまいりたいと思っております。

今日は3点ご報告をします。1点目は、地域委員会の委員の選任について。2月18日から26日にかけて、モデル地域の皆さまに地域委員会の委員選任にかかる投票をお願いしましたところ、全市で6,286人の方に投票いただけました。投票率は、82.4%でした。モデル地域の皆さまには、投票にご協力いただき本当にありがとうございました。日本で初めての試みにもかかわらず、地域の一人一人の皆さんが地域のことを考え一票を投じていただけたことは、大変にすばらしいことだと思っております。

この投票結果に基づきまして、本日付で、72名の方を地域委員会の委員として委嘱しました。委員になられた皆さまには、地域における税金の使い道を考えていただくという重責を担っていただきます。日本で初めての試みでありまして、新しい住民自治の仕組みの創設に、胸をはって取り組んでいただきたいと思っております。

今日の幹事会で言いましたけど、某新聞の社説欄に、全国の住民自治で、税金の一部を住民が決めていくという取り組みについて書いてありましたけど、きちっとした選挙を行ってやるというのは、日本で初めてでして。繰り返しますけど、選挙登録していただいた皆さん、立候補していただいた皆さん、委員になられた皆さん、残念ながら今回委員になれなかった皆さんに、本当にありがたいことと。日本で本当に誇りのあることだという民主主義のつくしの芽を、皆さんの力で名古屋で出させていただいたということで深く感謝しております。ありがとうございます。

残念な方にも一人電話しましたけど、明るくされておりましたので良かったですけど。地域の皆さん、当選された方も、落選された皆さんも、なんとか「俺らも自分らの地域をこうしよう」ということで、手を挙げた皆さんですので、ぜひ一緒に、委員ではないですけど、チームの中の一員として、いろいろやっていただけると本当にありがたいと、そんなふうに思っております。

今月、まだ日にちは決まっとらんようですけど、初めは皆で研修会みたいな最低限のルールみたいなものはやるというふうに伺っておりまして、第1回の議会が3月中旬ぐらいに開かれるのではないかということです。

私も34(歳)で議会に立候補いたしまして、その時はぶち落ちまして、その後も、もう1回衆議院ぶち落ちまして、その後は5回衆議院は連続当選させていただいたと。名古屋の皆さんのおかげで。それで名古屋市長にならせていただいたと。長い間、選挙、政治と見てまいりましたけど、日本の政治の中で、ただ一個だけしかわからんですよ、この明るい芽というのは。本当に実際に社会が変わっていくというのは名古屋の地域委員会。実質上は地域ボランティア議会ですけど。日本の民主主義再生の第一歩ということを言って、絶対に間違いない。自信を持って言えるだろうということですので、市民の皆さんも、この民主主義の、名古屋で生まれた民主主義のつくしんぼうを絶対に踏まないようにお願いしたいと思うし、名古屋市も全力でこのつくしんぼうを育てていきたい。そんなふうに思っております。

委員の皆さん、また地域の皆さんは公開で今度やられますので、ぜひ議会に出られまして、地域議会に出られて、のびのびといろんな意見を言っていただいて、目的は一応、今回はモデル的に書きましたけど、あんまりそれに固定することはありませんので、名古屋かくあるべし、日本かくあるべしと、世界かくあるべしということを、どんどん言っていただきたい。どえらけにゃあ面白い民主主義を、ぜひ皆さんで創っていっていただきたい。こんなふうに思っております。

2点目は、2010年春「武将都市ナゴヤ」キャンペーンについてです。立派なポスター出てまいりましたが。えりゃあ金ぴかで、信長が一番上で力んでおりますが、この方もなかなか人気のある方でして、名古屋が生んだイケメントリオかカルテットか知りませんけど、非常にありがたいことです。第4弾となる今回のキャンペーンは、昨年11月に結成して以来、大変ご好評をいただいている「名古屋おもてなし武将隊」を前面に起用いたしました。

鉄道会社のご協力をいただきながら、首都圏・関西圏などの主要駅を中心として、ポスター2,800枚、パンフレット10万部の掲示・配布を行ってまいります。いよいよ今年は、満を持して首都圏へ侵攻いたします。という原稿に珍しく過激な言葉が書いてありまして、若干でも名古屋市の職員の皆さんの意識が非常に闘争的に変わってきたかなと、非常に嬉しい思いです。名古屋おもてなし武将隊が名古屋城をご案内する旅行商品や、武将隊のオリジナルグッズ、人気ゲームメーカーと協力して、スタンプラリーを行うなど、楽しみながら「武将都市ナゴヤ」の魅力に触れられる企画を多数盛り込みました。

私もこの間、ちょうど国会行ったら、(名古屋おもてなし武将隊のパフォーマンスを)たまたまやってるので河村さんも来てちょということで、有楽町の昔のマリオンのあったJRの駅のところで、おもてなし武将隊がいろいろパフォーマンスをやっておりまして。本当に追っかけの女の子たちがおるね。そこで見させていただきまして、握手して。東京の人もおりましたけど、名古屋から追っかけてきたと。おもてなし武将隊の追っかけファンもおりますので、大変結構なことだと思っております。

また、3月7日には、武将隊のPR奉行「はんにゃ」とともに、東京タワーでPRイベントを行うほか、さいたまスーパーアリーナで今年初めて開催される「戦国武将祭」に出展し、全国の「歴女(れきじょ)」など歴史ファンを中心に、「武将都市ナゴヤ」の魅力をPRしたいと思っております。名古屋開府400年を機に、多くの方に名古屋に訪れていただけるよう、今後とも積極的な情報発信に努めてまいりたいと考えております。

いろいろな歴史モノを読んでいきますと、有名な吉宗さんVS名古屋の宗春さんなどの話もありますけど、それより前、徳川義直さんの初代の頃から名古屋というのは相当やっぱり「VS江戸」ということで、江戸にとっては目の上のたんこぶだったということですが。東京へも、いろいろ申し上げてきた、地域主権と言っておられるんですから、さらに名古屋の独立を目指していろんな提言をしていきたいと思っております。

3点目は、ナゴヤ名所盛り上げ隊の結成についてです。これは、観光地としての名古屋の魅力向上について、各分野の有識者の方々に自由に意見交換していただくものです。テーマは、第1回目は3月下旬に「東山動植物園の再生」、2回目以降は、名古屋城、名古屋港、モノづくり文化交流拠点等について、順次実施する予定です。

この盛り上げ隊の特色ですが、盛り上げ隊に参加していただくのは、面白い街ナゴヤを目指してお集まりいただいた、市内の旅行会社、出版社、飲食業など第一線で活躍している9名の方々で、観光客の増減が仕事や生活と直結する人ばかりです。多くの方に名古屋を訪れてもらえるよう、活発な意見交換を期待しております。

今までもこういう観光の(意見交換が)ありましたけど、本当の現場の、自分の会社の生死と全く一体となる、名古屋にようけお客さんが来れば自分とこの会社も儲かるしと。密着度が非常に強いことですけど。駄目なら自分とこもアウトになっていかなかんという、緊迫感のある方でして。私もこの間聞きましたけど、駐車場をどこにおくかとか、いろいろですね、さすが本職という相当なものがありまして。初めは東山動植物園ですけど、いろんな分野でアイデアをいただきたいと思っております。

私からは、以上です。


質疑応答
※項目の後の時間表記は、動画における質問開始時間の目安です。

1.地域委員会について〈その1〉(10分50秒頃)
2.再議について〈その1〉(14分20秒頃)
3.地域委員会について〈その2〉(18分25秒頃)
4.追加上程予定の議会改革に関する条例について〈その1〉(21分15秒頃)
5.再議について〈その2〉(25分30秒頃)
6.追加上程予定の議会改革に関する条例について〈その2〉(30分00秒頃)
7.港湾の民営化について(34分00秒頃)
8.再議について〈その3〉(35分55秒頃)
9.追加上程予定の議会改革に関する条例について〈その3〉(39分10秒頃)
10.「相生山緑地の道路建設に係る学術検証委員会」について(41分00秒頃)



名古屋市:平成22年3月1日 市長定例記者会見(市長の部屋)
http://www.city.nagoya.jp/mayor/kaiken/h21/nagoya00077943.html

--
管理人です。twitterの個人アカウントは @narupara 、サイト更新情報は @narupara_news で緑区地域情報のハブ的役割を目指しています

投票数:13 平均点:5.38

  条件検索へ


ページの先頭へ戻る