なるみパラダイス なるぱらなるぱら - [中部経済新聞]PDエアロスペースが無人飛行機開発を加速 Re: PDエアロスペース株式会社 - スポットへのコメント - フォーラム

名古屋市緑区の地域ポータルサイト なるみパラダイス 地域情報発信と情報アーカイブとコミュニティスペース 鳴海・有松・大高・桶狭間・徳重・滝ノ水の地域情報など

[中部経済新聞]PDエアロスペースが無人飛行機開発を加速 Re: PDエアロスペース株式会社

対象モジュール エリアスポット
件名 PDエアロスペース株式会社
要旨 名古屋市緑区。有人ロケットの開発やパルス燃焼技術の研究など。会社概要、事業紹介。 21世紀に入り、宇宙空間は、私たちの生活に無くてならないものとなっています。今後益々、宇...
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2008/5/27 20:47
narupara  管理人   投稿数: 5473
中日新聞新聞(2008/5/27)に記事が掲載されていました。

-----
以下本文
-----

 目指すは、自社製機での宇宙体験の旅-。名古屋市緑区有松町橋東南のベンチャー企業社長緒川修治さん(37)が、宇宙空間との境界域の高度100キロまで弾道飛行する有人宇宙機の開発に取り組んでいる。実現目標は2014年。夏の飛行実験に向けた試作機製作が急ピッチだ。

 緒川さんは国内企業で、航空機開発プロジェクトに参加。その後、東北大大学院で航空宇宙工学を学んだ。幼いころから発明家の父尚孝さん(68)が研究するジェットエンジンに関心を持ち、宇宙への夢を抱き続けてきた。

 事業計画では、筒型で簡素な構造ながら爆発的なエネルギーが得られるパルスジェットエンジンを改良。全長9メートル大で、操縦士を含め5人乗りの小型機に搭載し飛行する。宇宙機の開発計画は、昨年市内であったビジネスコンテスト「N-1グランプリ」で優勝し注目された。

 同様の事業は近年、商業旅行目的で国際間の開発競争が激化。米国では4年前、ベンチャー企業がロケット型有人飛行機の実験に成功し、来年の運用を目指している。

 現在、実物の6分の1の試作機を製作中。8月に秋田県能代市で開かれる能代宇宙イベントでデモフライトさせ、飛行特性などのデータを収集。実用機の実現に弾みを付けたい考えだ。

 事業費見込みは90億円。投資パートナーを募集中で「子どもたちに宇宙から美しい地球の大切さを認識してもらうことが、事業の目的。1号機は、中部国際空港から」と、実現に意欲を燃やす。問い合わせは、PDエアロスペース=電052(621)6996=へ。


中日新聞:宇宙に思いをはせて ベンチャー企業社長、有人機試作へ:愛知(CHUNICHI Web)
http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20080527/CK2008052702000043.html
投票数:24 平均点:5.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2009/6/28 18:00
narupara  管理人   投稿数: 5473
2009/6/28 CBC「かっちりマンデー」で、
テーマ「宇宙ビジネス、夢の宇宙旅行からロケットビジネスまで!」の中で
PDエアロスペース(株) が紹介されてました。

引用:
全く新しい低コストな新型宇宙飛行機の開発を行っているという愛知県名古屋市にあるベンチャー企業。
無人の宇宙飛行機で人工衛星の部品を宇宙に持っていってテストするというビジネスに取り組んでいるという。

情報元:
PDエアロスペース[TBS]がっちりマンデー!! 2009/06/28(日)07:30放送 | Blog de TV TBS
http://gold.ap.teacup.com/blogtv6/10025.html
PDエアロスペース株式会社
http://www.narupara.com/modules/weblinks/visit.php?lid=572
投票数:8 平均点:6.25
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.19 .20 .21 .22 .23 .24 .25 .26 | 投稿日時 2012/8/19 10:28
narupara  管理人   投稿数: 5473
有人宇宙往復機の開発を目指すPDエアロスペース(本社名古屋市緑区有松3519、緒川修治社長、電話052・621・6996)は、無人飛行機(無人機)開発を加速する。今年6月、新型エンジンに関する特許を取得。併せて、愛知県の補助金制度を活用し遠隔操縦システムの開発に乗り出す。無人機を、災害発生時の情報収集手段などに活用する考え。15年3月をめどに、半径5キロの飛行能力を持つ無人機の実用化を目指す。

PDエアロスペースが無人飛行機開発を加速 2012年 8月14日 (火) 名古屋経済面の記事 中部経済新聞社
http://www.chukei-news.co.jp/news/201208/14/articles_18543.php
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2014/6/10 18:25
narupara  管理人   投稿数: 5473
宇宙に関わりたい研究者、全員集合―。PDエアロスペース(名古屋市緑区、緒川修治社長、052・621・6996)は、宇宙開発などを志す研究者らの活動スペース「宇宙ハウス=写真」を同社に隣接する建屋内に開設した。さまざまなジャンルの人が参加しやすい活動の場を設けることで、欧米に比べて少ない宇宙分野の人材を増やす。

仕事帰りや週末に集う施設とする。開放時間など詳細は今後、詰める。技術開発に限らず法律や保険、マーケティングなどに詳しい人の参加も歓迎する。
当面の活動として、同社が事業化を目指す「弾道(サブオービタル)宇宙機」の開発支援などを想定。弾道宇宙機は宇宙旅行や地球観測などへの活用が見込まれている。緒川社長は「これまでクローズド(閉鎖的)な世界だった宇宙開発を、もっとたくさんの人に広めていきたい」と狙いを語る。

宇宙研究活動にスペース使って!-PDエアロスペース、「宇宙ハウス」を開放:日刊工業新聞
http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0720140610eaae.html
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2016/3/2 13:40
narupara  管理人   投稿数: 5473
PDエアロスペース(名古屋市緑区、緒川修治社長、052・621・6996)は、航空機内で無重量(0G)の環境を提供する事業を6月に始める。県営名古屋空港(愛知県豊山町)を拠点に航空機を放物線飛行させ、機内で一時的に宇宙空間を再現。医療検査をセットにして提供し、無重量状態での体調変化など宇宙旅行への理解を広げる。米国などで宇宙旅行商品の開発が進む中、日本でも一般向けの宇宙関連事業が立ち上がろうとしている。

「宇宙旅行前の訓練プログラム」としてサービスを開始する。無重量飛行と宇宙旅行に関する講座、医療検査をセットで提供し、料金は84万円(消費税抜き)を想定。無重量飛行のみの簡易的なコースも設ける方針。

民間の宇宙機開発では米ベンチャーなどが先行し、高度100キロメートルの宇宙空間への旅行事業の実現が迫る。ただ、宇宙に興味はあるが身体能力や健康に不安を抱える人が多いといい、「飛行訓練や医療検査で宇宙を身近に感じてほしい」(緒川社長)考えだ。3月に受け付けを開始し、年間約80人の飛行実施を目指す。

航空機の運航はダイヤモンドエアサービス(愛知県豊山町)に、医療検査を医療法人の松柏会に委託。検査内容の策定には岡山大学や愛知医科大学、宇宙航空研究開発機構(JAXA)も協力する。



PDエアロスペースは1日、上記の訓練プログラムを発表した。
専用サイト(http://pdas.co.jp/pp/)から申し込みや問い合わせを受け付けている。

「宇宙旅行」の前に!訓練プログラムが6月開始へ
http://newswitch.jp/p/3802
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2016/10/12 5:36
narupara  管理人   投稿数: 5473
PDエアロスペース(名古屋市緑区、緒川修治社長)は、無人飛行機を地上から遠隔操縦する飛行試験を19―24日に北海道東部の大樹町の多目的航空公園で実施する。全長2・2メートル、全幅3・3メートルの機体で、同規模の遠隔操縦は国内では珍しい。飛行機から送られるカメラ映像、飛行状況データを基に、実際に乗っている感覚で操縦する。ただ、映像は1―2秒遅れて表示されるとみており、安全に操縦できるかどうかを確認する。

飛行試験では、地上の自動車内にモニター、操縦かんを設置し、操縦拠点にする。同拠点から電波の届く5キロメートル圏内の高度300メートルを飛行させる。事前に設定したルートを自律飛行しながら、地上からの遠隔操縦を実施する。

PDエアロスペースは無人機、次いで有人機による宇宙飛行サービスの実現を目指して活動する。無人機では、微小重力環境を生かした創薬や半導体開発での需要を見込む。

飛行試験の結果を基に遠隔操縦システムを完成させ、宇宙飛行に使用する実証機に搭載する計画。同時に、ジェット燃焼、ロケット燃焼と燃焼方式を切り替えられるエンジンを開発中。機体が宇宙に到達後、地上に帰還できるようにする。

無人飛行機を遠隔操縦。PDエアロスペースが北海道で試験
http://newswitch.jp/p/6400
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2016/12/2 20:08
narupara  管理人   投稿数: 5473
■エイチ・アイ・エス <9603> 3,205円 +45 円 (+1.4%) 本日終値

エイチ・アイ・エス<9603>が続伸。1日の取引終了後、同社とANAホールディングス<9202>が宇宙船開発ベンチャー、PDエアロスペース(名古屋市緑区)に出資すると発表しており、これを好感した買いが入った。
PDエアロスペースは、低コストで利便性の高い宇宙輸送インフラの構築に向けて事業を展開しており、現在、世界初となるジェットエンジンとロケットエンジンを切り替えることができる次世代エンジンと、完全再使用型弾道宇宙往還機を開発している。

今回の出資は、民間主導による宇宙機開発の推進を目的としており、HISが3000万円(出資比率10.3%)、ANAが2040万円(同7.0%)をそれぞれ出資するとしている。

話題株ピックアップ【夕刊】(1):安永、クラリオン、三菱UFJ | 注目株 - 株探ニュース
https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n201612020412
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2016/12/13 12:59
narupara  管理人   投稿数: 5473
HISに続いてANAHDも出資することとなった経緯が紹介されています。
ANAHD社長は名古屋出張帰りに有松にあるPDエアロスペースさんを来訪されたそうです。

-----
9月8日。江戸時代の街並みが残る名古屋市緑区の有松にANAHDの片野坂真哉社長の姿があった。名古屋出張の帰路、PDエアロを訪ねた。プレハブの事務所と作業場を案内した緒川社長は、片野坂社長が興味深く説明を聞く様子に手応えを感じた。その後、資本提携が決まった(本文続く...)

詳しくは以下をご覧ください

ANAが宇宙ベンチャーに出資した舞台裏
http://newswitch.jp/p/7114

--
管理人です。twitterの個人アカウントは @narupara 、サイト更新情報は @narupara_news で緑区地域情報のハブ的役割を目指しています

投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2016/12/18 20:06
narupara  管理人   投稿数: 5473
[ドデスカ!‐名古屋テレビ]2016年12月6日放送の「竹田のイマネタ!」のコーナーでは、名古屋の企業が挑む宇宙旅行プロジェクトについて紹介されていました。

PDエアロスペースの本社(16年5月、円周率3パーセントさん撮影、Wikimedia Commonsより)
PDエアロスペースの本社(16年5月、円周率3パーセントさん撮影、Wikimedia Commonsより)

東京都内で12月1日、ANAとH.I.S.、名古屋のベンチャー企業「PDエアロスペース」による合同記者会見が開かれました。この会見は「宇宙旅行などの事業化」に向けた資本提携の会見でした。PDエアロスペースは国内唯一の「有人宇宙機メーカー」で、2023年に有人宇宙旅行の商業化を目指しています。

2023年の商業化を目指す

名古屋市緑区有松にあるPDエアロスペースは、10畳ほどの広さの事務所に社員数は4人の会社です。社長の緒川修治さんによると、きっかけは2004年にアメリカの民間企業が世界初の有人宇宙旅行を成功させたことで、9年前に勤めていた会社を辞め起業しました。

今回の宇宙旅行のプランは、現在ある空港の滑走路から飛行機のように飛び立ち、宇宙の入り口と言われる高度100キロで5分間ほど無重力体験をし、離陸から着陸まで1時間半で帰ってくるものです。予算は1700万円前後を予定しており、2020年に試験飛行、2023年に商業化を目指してるとのことです。

現在はパイロット2名、乗客6名を想定していますが、将来的には旅客機クラスで39万8000円の宇宙旅行を提供することを目標としているとのことです。(ライター:moca)

わずか10畳から飛び立て! 名古屋の有人宇宙機メーカー(全文表示) - ニュース - Jタウンネット 東京都
http://j-town.net/tokyo/news/localtv/236730.html?p=all
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2017/3/7 5:29
narupara  管理人   投稿数: 5473
宇宙ビジネス振興を目指す一般社団法人スペースタイド(東京都中央区)は、宇宙ビジネスに関するシンポジウム「スペースタイド2017」を横浜市港北区の慶応義塾大学日吉キャンパスで開き、宇宙ビジネスの可能性を議論した。個人投資家ら約500人が参加した。

シンポジウムには新進気鋭の宇宙ベンチャーのトップ4人が集まった。遺灰の一部を宇宙に打ち上げる「宇宙葬」を手掛けるエリジウムスペース(米サンフランシスコ)の金本成生取締役は「宇宙をどう使っていくのかという時代になった」、小型衛星開発アクセルスペース(東京都千代田区)の中村友哉社長は中途採用で外国人の応募が急増していることを明かし、「グローバルな人材が日本に集まっている」と事業環境の変化を指摘した。

流れ星ベンチャー、ALE(同港区)の岡島礼奈社長も「みんなで日本の宇宙業界を盛り上げたい」、PDエアロスペース(名古屋市緑区)の緒川修治社長も「もっと多くの人に関わってほしい」と、異業種の参入を呼びかけた。

スペースタイド、VB社長ら集めシンポ 宇宙ビジネスの可能性探る - SankeiBiz(サンケイビズ)
http://www.sankeibiz.jp/business/news/170306/bsl1703060500003-n1.htm
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2017/9/13 6:05
narupara  管理人   投稿数: 5473
PDエアロスペース(名古屋市緑区、緒川修治社長)は低価格な宇宙旅行の実現に向け、単一エンジンによる「ジェット」と「ロケット」の燃焼モードの切り替え実験に成功した。ロケット発射台ではなく飛行場から離陸でき、発射のコストが減らせる。開発したエンジンは今後、機体に搭載し高度100キロメートルの宇宙空間への到達を目指す。同社にはANAホールディングス(HD)などが出資、2023年末の宇宙旅行事業化を計画する。

現在、米国などで民間が開発する宇宙機は、ロケットエンジンもしくはロケットエンジンとジェットエンジンを両方搭載する。両方搭載するとシステムが複雑になりコストがかさむ。

PDエアロが開発したのはパルスデトネーション(PD)方式のエンジン。圧縮機を持たない筒型構造で、デトネーション(爆轟)と呼ぶ超音速の熱風を伴う燃焼を推進力に利用する。

単一エンジンでジェットとロケットを切り替えるため、システムを簡素化できる。ジェットモードで空気のある高度15キロメートルまで飛行後、ロケットモードに切り替えて上昇。宇宙空間に到達し、大気圏内に戻ると再びジェットモードに切り替えて着陸する。構造がシンプルで、宇宙旅行費用低減につながる。

今回の実証用エンジンは酸化剤として、ジェットモードでは圧縮空気を、ロケットモードではガス酸素を使用した。燃料は液化石油ガス(LPG)。エンジン内の圧力波形、ピーク圧力、火炎伝播(でんぱ)速度の3種類のデータを取得し、燃焼モードを切り替えたことを確認した。

今後、エンジンを多筒化し、推進力を高める。18年10月に無人機での高度100キロメートル到達を計画。20年10月には有人機での到達を目指す。

PDエアロが低コストの単一エンジン開発、民間宇宙旅行へ前進
http://newswitch.jp/p/10368
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2017/9/21 6:32
narupara  管理人   投稿数: 5473
PDエアロスペース(名古屋市緑区、緒川修治社長、052・621・6996)は20日、開発中の宇宙機に搭載する新型エンジンの燃焼実験を愛知県碧南市で公開した。単一エンジンで「ジェット」と「ロケット」の二つの燃焼方式を切り替える構造。

PDエアロスペース、新型エンジン燃焼実験 宇宙機搭載用を公開(動画あり) | 自動車・輸送機 ニュース | 日刊工業新聞 電子版
https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00443862
投票数:0 平均点:0.00

  条件検索へ


ページの先頭へ戻る