なるみパラダイス なるぱらなるぱら - 熱田神宮大高斎田 御田植祭

名古屋市緑区の地域ポータルサイト なるみパラダイス 地域情報発信と情報アーカイブとコミュニティスペース 鳴海・有松・大高・桶狭間・徳重・滝ノ水の地域情報など

年間表示月表示週表示一日表示予定一覧表示

予定表 -詳細情報-

件名 熱田神宮大高斎田 御田植祭
開始日時 2019年 6月 23日 (日曜日)   10時00分
終了日時 2019年 6月 23日 (日曜日)   10時30分
場所 熱田神宮摂社氷上姉子神社
連絡先 大高氷上姉子神社 TEL:621-5935
詳細 神事の後、斎田では、田植え歌に合わせ、揃いの衣装で優美な田舞を奉納する

水玉模様の着物に身をつつみ、手甲・脚絆菅笠をつけた早乙女が田植歌に合わせ田舞を舞い、橙色の装束をつけた男性奉耕者の介添えで、早苗を斎田に植えて、五穀豊穣を祈る。

詳しくはこちら⇒大高斎殿御田植祭External link
http://www.atsutajingu.or.jp/jingu/shinto/announce/2019/06/23112237.html

-----
氷上姉子神社 | 初えびす 七五三 お宮参り お祓い 名古屋 | 熱田神宮
https://www.atsutajingu.or.jp/jingu/about/yukari/hikamianego_jinja.html
-----
カテゴリー その他,開催場所,祭礼,歴史勉強&散策,開催内容
投稿者 narupara
レコード表示 公開
繰り返し
最終更新日 2019年 6月 12日 (水曜日)
iCalendar(Win) iCalendar(Mac)
印刷する

コメント一覧

narupara  投稿日時 2019/6/12 18:38
熱田神宮創祀にゆかりの深い古社
日本武尊(やまとたけるのみこと)のお妃・宮簀媛命(みやすひめのみこと)をお祀りしております。日本武尊なきあと、この地で祀っていた草薙神剣(くさなぎのみつるぎ)を遷して創祀したのが熱田神宮の始まりとされ、現在は名古屋市緑区大高町の氏神様として親しまれております。

仲哀天皇の時代に創祀され、持統天皇四年(690)、現在地に遷座致しました。故地は宮簀媛命の父神の館があった地とされます。この地は往古、火上の里とよばれていました。永徳3年(1382)、社殿が火災にあったため火の字を避けて「氷上」と改め、火高は「大高」に改めたとされております。

日本武尊なきあと火上の里にとどめおかれた草薙神剣(くさなぎのみつるぎ)は、尾張氏の祭祀場所であった熱田に遷しお祀りされました。当社は、隆盛を誇る熱田神宮の創祀に最もゆかりの深い社です。現在の本殿は明治26年に別宮八剣宮の本殿を移したものです。

-----
氷上姉子神社 | 初えびす 七五三 お宮参り お祓い 名古屋 | 熱田神宮
https://www.atsutajingu.or.jp/jingu/about/yukari/hikamianego_jinja.html
-----

ページの先頭へ戻る