名古屋市営地下鉄・市バス、平成31年10月から増税分値上げへ

名古屋市交通局は、10月に消費税率が8%から10%に引き上げられるのに合わせ、地下鉄と市バスの運賃を増税分値上げする。10日、交通局などによる2019年度当初予算案の記者会見で明らかにした。今後、具体的な値上げ額を決め、市議会2月定例会に条例改正案を提出する。

決定すれば、14年4月に消費税率が5%から8%に引き上げられたことに伴う同年9月の値上げ以来、約5年ぶりとなる。

地下鉄の現行運賃は初乗りが200円(3キロまで)。その後1区(4キロ)ごとに30~40円、最大130円が加算される。市交通局は消費税増税分をどのように上乗せするか、検討している。現行の市バス運賃は、均一で210円。

10月の消費税率引き上げに向け、JR東海、近鉄、京阪電鉄、愛知環状鉄道などの鉄道会社は本紙の取材に、値上げ方針を明らかにしている。名鉄は「検討中」としている。

地下鉄・市バス、10月から値上げ 名古屋:社会:中日新聞(CHUNICHI Web)
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2019011190005750.html

No tags for this post.

この投稿へのコメントは受け付けていません。

コメント一覧