令和元年6月3日「名古屋市交通死亡事故多発警報」発令

名古屋市内では、交通死亡事故が多発しており、令和元年6月3日時点において、「名古屋市交通死亡事故多発非常事態宣言等実施要綱」第3条に定める発令基準に該当しましたので、同要綱に基づき、名古屋市交通死亡事故多発宣言を発令します。

発令種別
名古屋市交通死亡事故多発警報

発令日
令和元年6月4日(火曜日)

発令期間
令和元年6月11日(火曜日)まで

発令者
名古屋市長

該当した発令基準
要綱第2条 別表 種別「警報」
「10日以内に交通事故による死者数が3人以上になったとき」
※6月1日から6月3日の間における市内の交通事故死者数が3名となったため

情報源:名古屋市:名古屋市交通死亡事故多発警報を発令します(暮らしの情報)

今年も7月26日(金)・27日(土)に開催「夏まつり2019 in ヒルズウォーク徳重ガーデンズ」

毎年7月下旬に緑区徳重の「ヒルズウォーク徳重ガーデンズ」のガーデンズ棟屋上ガーデンテラス(ドッグラン横)とガーデンズ棟2階テラス広場で開催されている「夏まつり2019 in ヒルズウォーク徳重ガーデンズ」、今年も7月26日(金)・27日(土)の二日間開催が公式サイトにて発表されました。
なお昨年は台風接近の影響で一日だけの開催でした。管理人も本業の方で第一回開催から飲食ブースを出店させていただいています。

夏まつり2019 in ヒルズウォーク徳重ガーデンズ開催チラシ

夏まつり2019 in ヒルズウォーク徳重ガーデンズ開催チラシ

主催は緑区大好き24万人プロジェクト

緑区大好き24万人プロジェクトとは…
「名古屋市緑区の区民24万人が、どうやったらもっと緑区を大好きになれるか、緑区の地域活性化のためになにができるか考えて実行しよう!」という人によるプロジェクトです。
平成27年に、緑区の人口が24万人を突破したことから、名称を「緑区大好き24万人プロジェクト」に改称しました。
「緑区大好き24万人プロジェクト」は、名古屋市緑区内在住・緑区内に拠点を置く・緑区内において商売をしている企業・団体・個人から構成される、「緑区大好き24万人プロジェクト実行委員会」により企画・運営されています。
「緑区大好き24万人プロジェクト」は、名古屋市緑区役所、鳴海商工会をはじめ、多くのご協賛・ご協力いただいている企業・団体の善意により運営されています。

イベント名:【緑区大好き24万人プロジェクト】夏まつり2019 in ヒルズウォーク徳重ガーデンズ
開催日程:令和元年(2019年) 7月26日(金)・27日(土)
開催時間:各日17時~21時30分(予定)
開催場所:ヒルズウォーク徳重ガーデンズ(愛知県名古屋市緑区元徳重1丁目505番地) ガーデンズ棟屋上ガーデンテラス(ドッグラン横)、ガーデンズ棟2階テラス広場

情報源: 緑区大好き24万人プロジェクト

令和元年度みどりっちプラン(緑区区政運営方針)が掲載されました。

名古屋市ホームページに令和元年度の緑区区政運営方針「みどりっちプラン」が掲載されました。

令和元年度みどりっちプラン(緑区区政運営方針)
区政運営方針とは

この区政運営方針は、「区役所改革基本計画」(平成19年12月策定)に基づき、毎年策定するものです。緑区の現状や地域の課題を踏まえ、行政サービスを向上し、区民生活の充実を図るため、令和元年度の区政の重点的な取り組みと目標をお示ししています。

区役所が主体的に取り組む事業のほか、区内において他の機関が実施する事業、区役所と他の機関が連携して実施する事業も含まれています。

令和元年度みどりっちプラン(緑区区政運営方針)を掲載しています。

情報源:名古屋市:令和元年度みどりっちプラン(緑区区政運営方針)(緑区)

名古屋市上下水道局が公式Twitter開始 @jogesuidonagoya

名古屋市上下水道局が公式Twitterアカウントを開設したそうです。

名古屋市上下水道局の公式Twitterアカウントです。名古屋市の水道・下水道に関する情報やイベントのお知らせ・防災情報などをつぶやきます。フォローやリプライ・ダイレクトメールへの対応は行いませんのでご了承ください。

情報源: 上下水道局公式Twitterについて | 名古屋市上下水道局

18日開催「ふるさと有松を体感しよう」参加者募集

絞り染めの体験も 有松歩いて巡ろう

国の重要伝紐的建造物群保存地区に指定されている緑区・有松の町並みを楽しむウオーキングツアーが18日、有松地区で開催される。
有松絞の絞り染め体験ができるコースもあり、主催するボランティア団体「有松あないびとの会」が、参加者を募っている。

ツアーは90分間。2コースあり、いずれも重伝建地区の東海道の町並みを歩き、市文化財の岡家住宅を訪れる。
Aコースは江戸時代以前から通じていた古道を歩き、絞り商品を扱う有松しぼり久田本店の茶室見学や抹茶体験を行う。
Bコースは市文化財の竹田邸で職人が絞ったハンカチを染める「絞り染め体験」がある。

希望者は17日夕までに、氏名と電話番号、希望コースを明記して、有松まちづくりの会のホームページのお問い合わせ欄か、NPO法人コンソーシアム有松のFAX052(623)5105に申し込み、18日午前10~10時半に有松コミュニティセンター西のありまつ公園へ。
空きがあれば当日参加も受け付ける。

「ふるさと有松を体感しよう」参加者募集

「ふるさと有松を体感しよう」参加者募集

—–
ふるさと有松を体感しよう
http://www.arimatsunomachi.com/furusatoarimatsu.html
—–