ニッカホーム 名古屋港水族館でDIY教育を目的とした企画「DIY大作戦」を実施 #ニッカホーム

名古屋港水族館 DIY大作戦  ~ペンギンを陽射しから守る小屋を建てよう~

ニッカホーム中部株式会社(所在地:愛知県名古屋市緑区相原郷一丁目2609番地、代表取締役:成田 友輝)は、名古屋港水族館でDIY教育を目的とした企画「DIY大作戦」を2021年9月13日~9月17日にて実施します。

新しく作る小屋のイメージ

【プロジェクト概要】

プロジェクト名:DIY大作戦~ペンギンを陽射しから守る小屋を建てよう~

期間     :2021年9月13日~2021年9月17日

場所     :名古屋港水族館 しおかぜ広場

対象     :ケープペンギンのお散歩先の日除け小屋

参加大学生  :愛知工業大学・椙山女学園大学・名古屋経済大学 在学生合計11名

【プロジェクト開始の背景】

ニッカホーム中部株式会社は、これまでにも公共性の高い施設や建物を学生やボランティアスタッフと共にDIYで改修・リフォームする「DIY大作戦」を行ってきました。今回、ご縁を頂いた対象施設におけるお悩みはペンギンの日除け小屋の老朽化でした。古い施設の場合多くの改修やメンテナンスの課題があり予算が足りずどうしても後回しになってしまう箇所もあります。ペンギンのお散歩先にあるこの日除け小屋は、ペンギンがやって来ると来館者がたくさん集まる人気スポットです。ペンギンや飼育係や来館者など多くの関係者が喜ぶ建造物となると思います。そして、DIY大作戦に参加する学生に「モノづくり」を体験して自主性を学んでもらいたい。こういった思いでプロジェクトを企画しました。

【プロジェクトの目的】

1) ペンギンや来館者も喜ぶ

日除け小屋は小さな丘の上にあり、360°から来館者が見られる様になっています。夏の日差しと海風からペンギン達を守り、かつ来館者が見やすい工夫が必要となります。また、お散歩はペンギン達の運動の目的もあるので、自ら遊びたくなるような遊具の様な日除け小屋を計画しています。

2) 学生に体験型教育を

DIYの言葉の由来は“Do It Yourself”直訳すると『自分自身でやる』であり、モノづくりを通して自主性を学んでもらう事を目的としています。

3) SDGsの目標12「つくる責任つかう責任」

森林保全の観点から小屋の建築に利用する木材は愛知県産の間伐材を利用します。その他にもリフォームの現場で発生した余剰建材や端材・廃材を積極的に再利用いたします。

また、材料費の一部をクラウドファンディングで多くの方に支援していただきました。

※2021年7月22日~2021年8月31日に行ったクラウドファンディング( https://camp-fire.jp/projects/view/461429 )

【本件に関する問合せ先】

ニッカホーム中部株式会社

広報担当: 川本 和人・増田 俊介

電話  : 052-899-3580

メール : press@nikka-chubu.com

URL   : https://www.nikka-home.co.jp/

プレスリリース動画

—–
名古屋港水族館 DIY大作戦 ~ペンギンを陽射しから守る小屋を建てよう~|ニッカホーム中部株式会社、名古屋港水族館のプレスリリース
https://www.atpress.ne.jp/news/274878
—–

鳴海製陶 見える調理鍋「+visiココット」の一般販売を開始

見える調理鍋「+visiココット」の一般販売を開始 Makuake先行販売で応援目標金額2,000%超!

~ガラスフタなのにフタをしたまま上火調理が可能! ナルミ公式オンラインショップ「eナルミドットコム」にて一般販売を開始~

ボーンチャイナをはじめとする上質な洋食器を中心に、食卓周りのライフスタイルを提案する鳴海製陶株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:福井 俊成)は、”見える調理鍋「+visi(プラスヴィジ)ココット」”の一般販売を開始いたしました。

[販売サイトURL]

https://www.e-narumi.com/shop/g/g15509-EM075/

全く新しいコラボ商品が誕生!

洋食器ブランドNARUMI(鳴海製陶株式会社)は、ご家庭での料理の負担を少しでも減らしたいという思いから、新しい調理鍋を開発しました。

フタをしたまま調理の進み具合が確認でき、グリル調理で庫内を汚さずお掃除が楽、そのままテーブルに置けるこだわりのデザイン、しかも軽い、アウトドアでも大活躍の本格鋳物調理鍋。

「+visiココット」という名称は、「見る・見通す」の意味合いをもつ「VISION」に商品の機能性を表す「+」を付け、さらに「見える」という価値をメッセージとして込めています。

テストマーケティングのため、2020年12月にMakuake(※1)にて先行発売を実施。2ヶ月弱の短期間に、応援目標金額の2,000%を超えるご支援をいただき、この度一般販売を開始いたしました。

(※1)アタラシイものや体験の応援購入サービス「Makuake」詳細は以下URLより

[プロジェクトサイトURL]

https://www.makuake.com/project/narumi/

遠赤外線で炊く・焼く・煮る・蒸す

【4つのポイント】

(1) フタには超耐熱結晶化ガラス。調理中に「中が見える」という付加価値をプラス。

(2) 鋳物ブランド「UNILLOY」との老舗同士のコラボ。軽さと本格調理を実現。

(3) Makuakeで応援目標金額2,000%超の話題の新商品。

(4) IHコンロでも焚き火の中でも!シーンを選ばず調理できる。

(1) フタには超耐熱結晶化ガラス。調理中に「中が見える」という付加価値。

フタに超耐熱結晶化ガラスを使用

フライパンや鍋での調理に大活躍するフタ。「フタをしたまま中が見えないの不便じゃない?」という言葉をキーワードに、上火調理で曇らずクリアな視界が得られる調理鍋を開発。

フタに超耐熱結晶化ガラスを使用しフタをしたまま上火調理が可能。上火調理でフタ裏の結露がないため(※2)フタをしたままクリアな視界で調理の進み具合や焼き色が確認できます。

一般的なガラスフタによく使用される強化ガラスは、熱に弱く、ホウ珪酸ガラスも直火に耐えるほどの熱衝撃強度はありません。「+visiココット」は、超耐熱結晶化ガラスをフタに使用することで、上からの直火調理にも耐えさまざまな付加価値を獲得しました(特許出願中)。

「+visiココット」という名称は、「見る・見通す」の意味合いをもつ「VISION」に商品の機能性を表す「+」を付け、さらに「見える」という価値をメッセージとして込めています。

(※2)本品は上火調理や庫内調理での使用においてフタの表裏で温度差が生じないため。

(2) 鋳物ブランド「UNILLOY」との老舗同士のコラボ。軽さと本格調理を実現。

老舗同士のコラボ

「+visiココット」は、家庭で毎日使うことを想定し「軽さ」と「食材の旨味を最大限に引き出す」ことの両立にもこだわりました。

鍋部には、「鋳物=重い」の価値観を変える鋳物の老舗ブランド「UNILLOY(ユニロイ)」を採用。

材質はダッチオーブンに使用されるダグタイル鋳鉄。

鉄ならではの重量の課題に対し、本商品では、料理の旨味や食感 仕上りを決める絶妙な鍋底の厚みに拘り2.5mmに設計、その他の部分を1.5mmに抑えることで、重量1.3kgと軽量化に成功しました。高度な成型技術を要する厚みの変化や薄型成型は、常識を覆す「軽い鋳物」を得意とするブランド「UNILLOY(ユニロイ)」とのコラボレーションだからこそ実現できました。

(3) Makuakeで応援目標金額2,000%超の話題の新商品。

NARUMIはテストマーケティングのため、2020年12月にMakuake(※1)にて「+visiココット」先行発売を実施。プロジェクト開始直後から順調にご支援が集まり、開始後2時間で100万円を突破。2ヶ月弱の短期間に、応援目標金額の2,000%を超えるご支援をいただきました。

フタがあるから庫内を汚さずお掃除が楽!IHから焚き火まで、キッチンでもアウトドアでも使える!と大好評。「料理が楽しくなりそう」「フタをしたまま中が見えるのがすごい」「庫内を汚さず掃除が楽なのがうれしい」と、多数の応援コメントをいただきました。

[プロジェクトサイトURL]

https://www.makuake.com/project/narumi/

(4) IHコンロでも焚き火の中でも!シーンを選ばず調理できる。

【商品の7つの特徴(特許出願中)】

特徴(1) 熱衝撃に強い超耐熱結晶化ガラスを使用

熱衝撃に強く焚き火もOK!

特徴(2) フタの上から焼き目を確認できる!フタがあるから庫内も汚れない!

フタの上から焼き色が見える!

特徴(3) オーブントースターや、電気・IH魚焼きグリルに入るサイズ感

※お使いの熱源に付属の取扱説明書に従って使用してください。寸法をご確認ください。

※電子レンジ、ガス魚焼きグリルはご使用いただけません。

トースターにすっぽり入るサイズ感

特徴(4) IHからガス・炭火まで調理できる

IHからガス・炭火まで調理できる

特徴(5) 調理してそのまま食卓へ

調理してそのまま食卓へ

特徴(6) 遠赤外線で炊く・焼く・煮る・蒸す

遠赤外線で炊く・焼く・煮る・蒸す

特徴(7) 鋳物なのに薄くて軽い!お肉が美味しく焼ける!

直火×鋳物で焼くお肉は最高!

【商品概要】

販売予定価格:19,800円(税込)

商品サイズ :L238.5×D192×H50mm(ハンドル含む外寸)

商品重量 :約1.3kg

素材 :胴 ダグタイル鋳鉄(耐熱シリコーン塗装)

蓋 ダグタイル鋳鉄(耐熱シリコーン塗装)

超耐熱結晶化ガラス

対応熱源 :直火、IH、オーブン、トースター、電気・IH魚焼グリル、

ハロゲンヒーター、ラジェントヒーター、シーズヒーター

※お使いの熱源に付属の取扱説明書に従って使用してください。

【Instagram情報発信中】

+visi公式Instagramにて、レシピやお手入れ方法などの情報を発信しています。

#plusvisi をつけた投稿は公式でもご紹介させていただきます。

[+visi公式InstagramURL]

https://www.instagram.com/plus_visi/

【NARUMI 鳴海製陶株式会社について】

いいもの いつも いつまでも

NARUMIは、ボーンチャイナをコアとして培った伝統を大切に育み、長く受け継がれたものの素晴らしさを伝え、また技術とデザイン力を活用して、お客様のニーズに応えた高品質な商品・サービスを提供しています。

生活に悦びをもたらし、生活をより豊かなものにすることに貢献するため、常に新たな領域へチャレンジし続けます。食文化の一端を担う企業として、製品の完全無鉛化を行い、安心・安全への取り組みにも力を入れてきました。

これからもNARUMIは、環境保全など地球環境を総合的に考慮し循環型社会へ対応できる企業活動を行ってまいります。

【会社概要】

会社名:鳴海製陶株式会社(Narumi Corporation)

所在地:愛知県名古屋市緑区鳴海町字伝治山3番地

代表者:代表取締役社長 福井 俊成

創業 :1946年2月1日

URL 😕https://www.narumi.co.jp/

—–
見える調理鍋「+visiココット」の一般販売を開始 Makuake先行販売で応援目標金額2,000%超!|鳴海製陶株式会社のプレスリリース
https://www.atpress.ne.jp/news/274933
—–

キッチンカーメーカーのフードトラックカンパニー、名古屋支店および名古屋工場を開設 #フードトラックカンパニー @foodtruck_j

[株式会社フードトラックカンパニー]

~西日本のキッチンカー需要拡大に対応~

調理設備が内装された移動販売車「キッチンカー」の製作販売大手である株式会社フードトラックカンパニー(本社:東京都目黒区、代表取締役:浅葉郁男?https://foodtruck.co.jp/?)は、2021年8月より、愛知県名古屋市緑区に名古屋支店および名古屋工場を開設いたしました。
東京都目黒区、大阪府大阪市福島区に次ぐ、当社の3番目の営業拠点となります。

西日本でのキッチンカー需要がますます拡大

フードトラックカンパニーでは、2021年6月・7月ともに30台以上のキッチンカーの製作を受注しましたが、そのうちの約3割が愛知県以西への納車を予定しています。
昨年2020年夏頃から愛知県以西のキッチンカーの需要が拡大しており、中部エリアの拠点として名古屋市に支店と工場の設立を進めて参りました。

新しく開設した名古屋支店および名古屋工場の詳細は以下のとおりです。

住所:愛知県名古屋市緑区大高町字己新田89-1
電話番号:準備中
設立日:2017年8月12日

フードトラックカンパニー名古屋支店・名古屋工場の様子
フードトラックカンパニー名古屋支店・名古屋様の入り口

フードトラックカンパニー名古屋支店の商談スペース

フードトラックカンパニー名古屋工場でのキッチンカー製造の様子

今後のビジョンと展開

これまで中部エリアへの納車も、関東からおこなっておりましたが、今回愛知県に新たな営業・生産拠点が開設されたことで、中部エリアでのより細やかでスピードのあるサービス提供やサポートが可能となります。

名古屋支店では毎月4台のキッチンカー販売を見込んでおり、名古屋工場では月13台の製作を計画しています。
製作内訳は、軽トラックをベースにしたキッチンカー(キッチンボックス350/キッチンボックス453)が毎月9台、タウンエースをベースとしたキッチンカー(キッチンボックス1000)が毎月4台です。

すでにキッチンカーのベースとなる車両についても、トヨタカローラ中京との取引を開始しており、他の自動車メーカー・ディーラーとも並行して協議を進めています。

美味しくて楽しいキッチンカーを日本中に!

当社の名古屋支店および名古屋工場の新規開設は、日本国内においてキッチンカーが消費者の身近な存在になってきたこと、市場が全国に拡大していることの結果でもあります。

これまで当社が74回に渡り名古屋・新栄にて情報発信をおこなってきた、キッチンカーセミナーやキッチンカー見学会も、会場を「モビリティゲート吹上(名古屋市千種区)」へと移し、株式会社トヨタカローラ中京(本社・名古屋市千種区)と共同開催へとスケールアップします。

中部エリアにおいてキッチンカーの製造・販売をおこなうだけでなく、「美味しくて楽しいキッチンカーを日本中に!」というコンセプトで名古屋からキッチンカーの文化発信や、地元企業や団体との提携を拡大していきたいと考えています。

参考:
トヨタカローラ中京とキッチンカー大手フードトラックカンパニーが開業希望者向けの情報発信で提携(2021年8月6日)
https://foodtruck.co.jp/news_nagoya_01/

フードトラックカンパニーについて

株式会社フードトラックカンパニーは、運営のしやすさと開業のしやすさに特化したキッチンカーの製作販売会社です。

キッチンカーの開業セミナー、開業コンサルティング、保健所の許可申請代行業務(フードトラックカンパニー行政書士事務所の請負)など、複雑なキッチンカー開業をワンストップで手間とコストを省くサービスを提供しています。

公式サイト:https://foodtruck.co.jp/

【会社概要】
〒153-0051 東京都目黒区上目黒4-10-4
電話:03-6671-5299 FAX:03-6732-3169
代表:浅葉郁男(あさばいくお)
資本金:9,000,000円
設立:2017年12月

企業プレスリリース詳細へ?(2021/08/20-10:47)

—–
キッチンカーメーカーのフードトラックカンパニー、名古屋支店および名古屋工場を開設:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=000000014.000042674&g=prt
—–

[HP]外壁塗装 株式会社麻布 名古屋緑営業所

この度に、名古屋市緑区に
念願の営業所を開設しました!

お世話になります。何時もありがとう御座います。
外壁塗装の麻布、代表の池田大平で御座います。

この度に名古屋市緑区に念願の営業所を開設しました。
何故に念願なのか…。名古屋市緑区は、
①面積の広さは港区に続き第2位。
②世帯数は名古屋市NO.1の10万世帯。
③人口も名古屋市断トツの約25万人に迫る勢いでNO.1…。

弊社の塗装サービスを1人でも多くの方にご提供したいとの想いには
最適な地域であります。春日井市の本店や豊明市の名南営業所で既に多くの
緑区の方々にはお世話になっておりますが、やはり緑区内に拠点が存在した方が、
しっかり責任が取りやすいのだと考えました。

名古屋市で1番に人口の多い緑区で、名古屋市で1番、住宅の多い緑区で、
その地域で他の同業他社さまと切磋琢磨し、より良い塗装サービスの競争をすれば、
それは即、緑区民の方々の得になると考えました。

念願の緑区…外壁塗装の麻布もお気に召して戴けるように
死に物狂いで精進して参ります!

麻布代表 池田大平

——
名古屋緑営業所|外壁塗装 株式会社麻布 | 外壁塗装|リフォーム|愛知県春日井市|名古屋|麻布
https://www.azabu-co.com/fm/nagoya-midori.html
—–

トレジャーファクトリー名古屋鳴海店(2021/7/10開店)

【リサイクルショップ】
トレジャーファクトリー名古屋鳴海店です。

おかげさまで7/10(土)に
愛知県3店舗目がグランドオープン致します。

・営業時間
平日   11:00~20:00
土日祝日 10:00~20:00
(買取受付時間は19:00迄)
・アクセス
愛知県名古屋市緑区鳴海町上汐田14
1号線沿い名鉄線鳴海駅から徒歩8分
・駐車場
最大17台駐車可能

—–
新店準備4日目!グランドオープンまであと16日【名古屋鳴海店】 [2021.06.24発行]|リサイクルショップ トレジャーファクトリー名古屋鳴海店
https://www.treasure-f.com/shop/260/topics/356388/
—–