緑区役所から平成26年度緑区区政運営方針(みどりっちプラン)が発行および配布開始に

区政の重点的な取り組みと目標を明文化

平成26年5月30日(金)、緑区のホームページにおいて、平成26年度緑区区政運営方針(みどりっちプラン)が発行および配布開始になりました。

区政運営方針とは

この区政運営方針は、「区役所改革基本計画」(平成19年12月策定)に基づき、毎年策定するものです。緑区の現状や地域の課題を踏まえ、行政サービスを向上し、区民生活の充実を図るため、平成26年度の区政の重点的な取り組みと目標をお示ししています。
区役所が主体的に取り組む事業(59事業)のほか、区内において他の機関が実施する事業(30事業)、区役所と他の機関が連携して実施する事業(25事業)も含まれています。

これら区政運営方針の策定にあったては、今年3月に素案が公表され、それに対する区民からアンケート・意見募集を行ない反映されたものです。

今回の主な取り組みの主軸は

  1. みんなで育む!安心・安全・快適なまち
  2. どんどん発信!豊かな歴史・文化
  3. リードします!子育て・環境先進区
  4. 区民から信頼向上!区役所改革

などとなっています。

みんなで育む!安心・安全・快適なまち

[Read more…]

[中日]絞り加工 器具で簡単に(2014/05/28掲載)

開発を伝える記事(中日新聞)

金属とアクリル製

平成26年5月28日(水)、中日新聞紙面において、誰でも簡単に絞りの加工ができる器具の開発を大同大と共同開発したという記事が掲載されていました。

開発を伝える記事(中日新聞)

開発を伝える記事(中日新聞)

絞りの製造工程は分業制で、その中でも国内でのくくり職人の数が年々減少傾向が続いているいて、その対策として近年は人件費の安価な中国への加工委託をしたこともあり、加工賃が下がったことで減少に拍車がかかったそうです。
しかし、その中国でも最近は人件費が上昇傾向にあり、絞り産業の存続自体が喫緊の課題となっているとのこと。
そこで機械化のアイデアが出てきて、開発が進められてきたということです。
完全自動化にはできず、作業の一部は人の手を必要としているところが逆に魅力を伝えるのに都合が良いのではというだそうです。

文化伝承にも期待

[Read more…]