[中スポ]名古屋市緑区出身の日本航空石川1年生で4番・内藤鵬選手、全打席で打点(2020/10/11)

緑区出身の内藤鵬選手の記事が掲載されていました。
さらなる活躍に期待します!!

10日 秋季高校野球北信越大会1回戦 日本航空石川11―1高岡商(5回コールド、富山市民)
日本航空石川(石川3位)の1年生4番・内藤鵬内野手が、全4打席で打点を挙げる3安打4打点の活躍でコールド勝利に導いた。
右のスラッガー・内藤は1回2死二塁で右前に先制打を放つと、2回にも左前適時打。3回は満塁から押し出し四球を選び、10―1の5回は無死一塁から左越えの適時二塁打でコールド勝利を決めた。「相手投手は外角中心と聞いていたので、逆方向を意識した。満足せずにチームのために頑張りたい」と次戦を見据えた。
名古屋市緑区出身で180センチ、100キロの巨漢。中学時代にプレーした東山クラブ(愛知)では、春夏の全国大会で準優勝を経験した。
中学時代は通算20本塁打を記録し、投手としても軟式で最速138キロをマーク。高校進学に際しては全国の20校から勧誘された中、「強打のイメージがある」という日本航空石川を選んだ。
高校通算本塁打は現時点では4本だが、「持ち味の長打も出したい」も意気込む。中国の伝説の鳥から名付けられたという「鵬(ほう)」の名前の通り、今大会も大きく羽ばたくつもりだ。

情報源: 日本航空石川の1年生4番・内藤鵬、全打席で打点! 180センチ100キロの巨漢スラッガーが高校球界に羽ばたく:中日スポーツ・東京中日スポーツ

No tags for this post.

この投稿へのコメントは受け付けていません。

コメント一覧