SUZURIにてグッズ販売を開始しました @suzurijp #suzurijp #suzuri #suzuriで販売中

オリジナルアイテムを手軽に作成・販売できるサイト「SUZURI(スズリ)」にてグッズの販売を開始しました。

リジナルアイテムを手軽に作成・販売できるサイト、SUZURI(スズリ)。自分だけの Tシャツやスマホケースなどを簡単につくることができます。キミが気に入ったなら、この船に乗れ。

第一弾として、自分(こうめい@なるぱら)作で当サイトほかで使用している「猩々(しょうじょう)」のオリジナルキャラと、息子の次男坊AKY作の「冬はうまい 大根だ。」「京都奈良に行ってきました」の3種類。
Tシャツやパーカー、コップやバッグなどのラインナップを取り揃えました。

このサイトの魅力はなんと言っても「初期費用はタダ」ということ。
素材となる画像をアップロードし、どの種類グッズを取り扱うかを決め、価格設定(売上から自分の取り分設定)を終えれば即販売開始となります。
受注生産なので在庫を保つ必要もなく、思っていた以上に手軽に始めることができます。

4月1日のエイプリルフールに逆に本物が登場したらどうなるだろうか

年明けから松田聖子さんが出演されている「日本和装」のCM放映が始まっています。

一方、東海地方では以前から「質ウエダ」CMに、まねだ聖子さんが出演されています。

で、「日本和装」のCMを初めてみた時「これ本物?偽物?(表現が失礼でごめんなさい)」と思っちゃいました。

という話を友人のC8氏に話したら「4月1日のエイプリルフールだけ質ウエダCMに本人(本物)が出たら面白いよねと。
確かにそんなコトが起きたらネット上は騒然とするでしょうね。
その前に気づかどうかですけどね。それだけまねだ聖子さんが似ているという意味です。

気づいてる?「ぶらり途中下車の旅」で乗車シーンがない状態が続いています

TVerのおかげで様々な番組を観ることができています。
さて、その中で欠かさず視聴している番組のひとつである「ぶらり途中下車の旅」なんですが、コロナ下でも数回を除いてロケは続行されています。

しかし、よくよく見ていると気づくんですが、もうずっと「電車に乗ってるシーンはカットされている」状態です。

よくて改札を抜けるシーンくらい。
ところが11月21日に放送された「上信電鉄」の回では旅人の舞の海さん乗車しているシーンが流れました。
まあご自身以外に乗客がいないという状況、「貸し切り」ではないとは思いますが…。

—–
ぶらり途中下車の旅|日本テレビ
https://www.ntv.co.jp/burari/a……8%E3%82%81
—–

googleカレンダーで今年一年分の暦を作成

毎年恒例、googleカレンダーで今年一年分の暦を作成しています。
エクセルで作って新規カレンダーとしてアップして、毎日の自分や家族の予定とあわせて朝イチで確認しています。

最近、googleカレンダーに登録する際に、ブックマークを使用して指定ページから日時を自動で取り込んでくれる、ちょっと便利なツールを見つけて、テレビやラジオ番組ページから備忘リストへの登録も楽になりました。

なるぱらに登録している緑区内の行事なども、googleカレンダーを介して処理しています

#googleカレンダー #google #カレンダー #暦

 

この投稿をInstagramで見る

 

こうめい@なるぱら(@narupara)がシェアした投稿

高性能・高機能でコスパ抜群!! ATOM Tech社(アトムテック社)の ネットワークカメラ ATOMCamを購入したので使用レポート #ATOMCam

クラウドファンディングでの資金調達に成功し、高機能でありながら2500円(税込み)という低価格での発売が話題になった ATOM Tech社( #アトムテック株式会社 )の #ATOMCam を購入しました。今回はそのレポート。

同社サイトより購入できますが、1個の場合だと送料の関係で地域によってはアマゾンで買った方が安く買えるということです。

到着~セットアップ

到着後さっそく開封、真四角の本体の下に伸びる脚がついています。
また転回盤もついていてほぼ全角度に向けることができます。
ただしスマホで操作して動かすことはできず、手で動かして角度を決め打ちするしかありません。
カメラにはリセットボタンがなく、設定はスマホアプリを使用します。
ということでセットアップを開始。
同カメラを使用するにはインターネットに接続されたWi-fi環境が必要です。
QRコードを利用してアプリをダウンロード。
アカウントを作成し、メールで認証コードを受信します。
次にデバイスの追加ですが、ここで一つ面倒なことが。
スマホアプリでQRコードを読み込んで設定を続けるわけですが、ネットワークの設定でWi-fiのパスワードは手入力する必要があります。
しばらくして接続が成功するとアプリにカメラが登録されます。
これでカメラの設定は完了です。

起動してみる

さっそくアプリからカメラの画面を確認すると、さすが評判通り、きれいな映像が表示されます。
ナイトビジョンもきれいです。
ナイトビジョンのオンオフが切り替わる時にカシャという機械音がします。これが自動で切り替わるように設定してあると場合により頻繁に音がします。
ただし、夜間の撮影はナイトビジョンにしなくても少しの光だけで充分です。
道路であればLEDの街路灯1灯分だけで全域がカバーできます。
逆にヘッドライトが眩しすぎてナンバープレートが読み取れないです。
あとはマニュアルを読んでください。そのままです。

microSDカードは32GBまで対応も万全ではない

さて、自分は定点カメラとして使用するのが目的なので、microSDカードにローカル保存する必要があります。
ちなみにスマホにも録画できます。
対応カードは32GBまでで、メーカーにより正常に認識しないものもあるそうです。
自分の手持ちが64GBだったので、急ぎ買い出しに。
安いところと思い浮かんだのがドンキwww
そういえば近所にあるのにかれこれ年単位で行ってないような気もして、久しぶりにでかけました。
情熱価格のものが安値で売ってましたので即買い。
問題なく認識・保存できました。

録画が止まる問題は勘違いだった

さて、microSDカードを使ってローカルへの録画保存ができる準備ができたので、さっそくスマホの録画ボタンをポチッとな。
で、ここで自分は大きな勘違いをしていました。
録画開始されたので、そのままスマホで別操作を行い。
数分後に再生しようとして「アルバム」から録画を見ると、わずか数秒しか録画されていません。
「なんで???」
これはひょっとしてアプリを起動している間しか録画できないってことなのか?
いろいろと試行錯誤を繰り返しましたが解決できない。
これはいけない、サポートさんに仕様なのか確認してみようと考えながら、アプリを眺めていると「録画を再生」というボタンがあるのに気づきました。
「アルバム」とは何が違うのかよくわからなかったのですが、試しに覗いてみると、あ、ここにずっと録画されてるんだ。
映像の最初から見てみると、ん?電源をいれた瞬間に自動的に録画は開始されてるみたい。なんとwww
しかもその間はスマホはおろかwi-fiに接続されていなくても大丈夫。
おぉ、これで問題はあっさり解決。

録画されたものを一通り再生するならカードを抜いてPCへ

スマホで録画を再生できますが、スケールを使って移動させるのは少し面倒ですし、通信速度が遅いと表示まで時間がかかりイライラします。
モーション検出も完全ではないので一通り見る必要があり、早送りなどもないので、ある程度の時間帯でじっと待つしかありません。
そこで自分は短時間ですが電源を切り、miniSDカードからPCに取り込むのようにしました。
動画は1分単位で保存されています。
参考までにサイズは夜間でHD(1080P)で7.4MB/分です。
ファイルの作成・更新時間はちょっとおかしいですが、時間毎にフォルダ分けされているので整理はしやすいです。
本当はそのままPCにダウンロードできると便利なのですが未実装です。
今後の(無償)バージョンアップに期待ですwww

設置場所は電源が必要という条件はありますが、本体の土台に磁石がついているので利便性が高いですし、付属品に金属プレートと両面テープがあるので、ある程度の場所であれば設置が可能です。ありがたい!!

ということで、我が家では定点カメラとして稼働し始めました。

小さい・あんしん・楽しいスマートホームカメラATOM Cam

情報源: IoT/スマートホームデバイスのATOM Tech(アトムテック)

Copyright © All Rights Reserved · Green Hope Theme by Sivan & schiy · Proudly powered by WordPress