なるみパラダイス なるぱらなるぱら - [東京]<食卓ものがたり>生でかじる春の甘み ブロッコリー(2017/4/15掲載) - まちの話題あれこれ - フォーラム

名古屋市緑区の地域ポータルサイト なるみパラダイス 地域情報発信と情報アーカイブとコミュニティスペース 鳴海・有松・大高・桶狭間・徳重・滝ノ水の地域情報など

[東京]<食卓ものがたり>生でかじる春の甘み ブロッコリー(2017/4/15掲載)

前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2017/4/15 13:48
narupara  管理人   投稿数: 5361
「生でかじってみなよ。アメリカ人は生で食べているんだって」

その日の午前四時半に採ってきたというブロッコリーを手に、名古屋市緑区南大高の農業牧野さん(62)が勧める。えー、ゆでないの?と思いつつ一口かじる。おお、意外といける。かむうちに甘さが口の中に広がっていく。「茎も甘いよ」と言うので、茎もかじる。普通なら捨てている部分だが、甘みはこっちの方が強い。

「四月の真ん中辺りまでが、ちょうどいいんです。まだ虫が付かない。だからほとんど農薬をまいていない。そのまま食べられます」。うなずきながら、おかわりの茎をかじる。

愛知県は農業県でもある。県農業振興基金の「よくわかるあいちの農業2016」によると、ブロッコリーの全国シェアは愛知
県が第三位。田原市など東三河が主な産地だが、名古屋市でも栽培している。

その拠点はJAなごや大高支店(同市緑区)。L玉十二個入りで換算すると、年五万ケースを出荷。名古屋市の学校給食にも使われているという。地産地消の「食育」のためだ。

それでは畑を拝見と、同支店の江崎さん(50)の運転で支店を出る。しばらく走り大府市内へ。名古屋市内にも畑はあるが、今一番実っているのはここだという。

畑は三十アールほど。「また来とる」と牧野さんは手をたたきながら走り始めた。畑から鳥が一斉に飛び立つ。「ヒヨドリです。ブロッコリーの葉を食べる。玉は食べないが、玉に乗って足場にするので傷つく。ふんを置いていくやつも」

名古屋市内にあるブロッコリー畑も見せてもらった。四方を住宅に囲まれた畑。道の向こうに高架の通る幹線道路が見える。

「建物に囲まれれば日も当たりにくい。ここもいつまで畑で置いておけるか」。江崎さんがつぶやいた。

東京新聞:<食卓ものがたり>生でかじる春の甘み ブロッコリー(愛知県):暮らし(TOKYO Web)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201704/CK2017041502000143.html

--
管理人です。twitterの個人アカウントは @narupara 、サイト更新情報は @narupara_news で緑区地域情報のハブ的役割を目指しています

投票数:0 平均点:0.00

  条件検索へ


ページの先頭へ戻る