名古屋市:年末年始を安心・安全に過ごしましょう(暮らしの情報)

年末年始を安心・安全に過ごしましょう

空き巣にご用心!

年末年始は帰省や旅行などで家を空ける機会が多くなります。そんな不在時をねらって空き巣などの住宅対象侵入盗が増える時期でもあります。大切な我が家を守るために、しっかりと対策を講じましょう!

被害の実態(平成29年1月から10月)

《侵入場所の件数》
窓64.2パーセント(68件)
玄関25.5パーセント(27件)
他の出入口7.5パーセント(8件)
その他2.8パーセント(3件)

《侵入手口の件数》
ガラス破り49.1パーセント(52件)
ドア錠破り19.8パーセント(21件)
無締り17.9パーセント(19件)
その他10.4パーセント(11件)
その他施錠開け1.9パーセント(2件)
サムターン回し0.9パーセント(1件)

防犯診断を実施しました!-戸笠学区-

戸笠学区では今年に入ってからも空き巣被害が発生しており、緑警察署の協力を得て、防犯診断を実施しました。家屋の外観を見て狙われやすい箇所などの説明や改善指導を受け、地域の皆さんの防犯意識がさらに高まったことを実感しました。これからも地域一丸となって犯罪の起きにくいまちづくりを目指し、地道な活動を続けていこうと思います。
戸笠学区連絡協議会 会長 田中 利夫さん
※防犯診断についての詳細は、緑警察署へお問い合わせください。

被害にあわないためには

1 窓ガラスの防犯対策を強化!
窓には補助錠をつけ、防犯ガラス、防犯フィルムなどを活用し窓からの侵入を防ぎましょう。住宅対象侵入盗の侵入場所は窓が最も多く、全体の約6割を占めています。手口はガラス破りが約5割を占めています。

2 防犯機器の活用を!
泥棒は音や光が嫌いです。振動や気配に反応する警報器やセンサーライトを活用しましょう。

3 近所の人に声かけを!
何日間も留守にする際は近所の人に声をかけ、不審者などを気にかけてもらうようにしましょう。

窓対策の強化!

まず第一に必ず鍵を掛けること!
その他にも、補助錠や警報器を活用することで防犯性能が高まります。

防犯フィルム
窓ガラスに貼ることで、貫通しにくくなります。

補助錠
窓枠の上部や下部に取り付けて使用します。

警報器
衝撃や振動、開放などに反応して、警報音を鳴らします。

いずれも、ホームセンターなどで購入できます。
※防犯フィルムは、専門業者による施行も可

緑区で自転車の事故が増加しています!

昨年に比べて自転車と車の接触事故が増加しています。自転車に乗る際の事故対策について確認しましょう。

自転車の事故対策は…

  1. 自転車安全利用五則を守りましょう。
  2. 交差点に入る時は、一時停止や徐行をするなど確実に安全確認をしましょう。
  3. 交差点を直進する際は、特に「左」から進行してくる車に注意しましょう。
  4. 交通事故に備えて損害賠償保険等に加入しましょう。
    ※名古屋市では10月から加入が義務になりました。

自転車安全利用五則

  • 自転車は車道が原則、歩道は例外
  • 車道は左側を通行
  • 歩道は歩行者優先で車道よりを徐行
  • 安全ルールを守る
  • 子どもと高齢者はヘルメットを着用

自転車×車 事故発生件数(平成29年1月から9月)

発生件数147件
昨年比+33件

鳴海学区自転車教室を開催しました!

鳴海学区連絡協議会が自転車教室を開催し、学区の児童に対して自転車シミュレーターによる訓練や交通指導員による交通安全講話を行いました。その中で事故に遭わない自転車の安全な乗り方やヘルメット着用の重要性などを周知しました。

緑警察署からのお知らせです。

平成30年1月から平針運転免許試験場の駐車場がなくなります。

  • 試験場建替工事期間中の平成30年1月から約3年間は駐車場が使用できません。
  • 来場する際は公共交通機関でお越しいただき、周辺道路に駐車をしないでください。
    ※身体障害者用駐車場は約10台分あります。

情報源: 名古屋市:年末年始を安心・安全に過ごしましょう(暮らしの情報)

「ゾーン30」効果あり、交通事故23・5%減

緑区内にも住宅街にある古くから主要道路として使われ道幅が狭いわりに交通量が多めだったりする学校近くなど7学区、13エリアで制限時速を30km/hにする「ゾーン30」に設定されています。(愛知県警 平成29年8月末累積)
このほど、警察庁がその「ゾーン30」の導入効果を検証した結果を発表し、交通事故23.5%減の効果があったそうです。
[Read more…]

[愛知県]◆消費者注意情報◆「法務省管轄支局 国民訴訟告知管理センター」からの不当請求はがきに注意しましょう!

こういった類は忘れた頃に復活してくるものです。

「法務省管轄支局 国民訴訟告知管理センター」からの不当請求はがきに注意しましょう!!

「契約不履行により、訴状が提出され、訴訟を開始する。」、「給与、動産、不動産を差し押さえる。」といった内容の「訴訟最終告知のお知らせ」というはがきが突然届き、裁判の取り下げなどについては、最終期日までに「法務省管轄支局 国民訴訟告知管理センター」に電話するよう書かれている。どうしたらいいかという相談が平成29年11月下旬以降、急増しています。(本文続く…)

詳しくは以下をご覧ください
「法務省管轄支局 国民訴訟告知管理センター」からの不当請求はがきに注意しましょう!!

相談窓口
〇消費者ホットライン 188 (いやや!)
お住まいの市町村の消費生活相談窓口につながります。市町村の相談窓口が受付時間外の時などは、愛知県消費生活総合センターや国民生活センターにつながります。

〇愛知県消費生活総合センター
052-962-0999(相談専用電話)
受付時間
月~金 午前9時~午後4時30分
土 ・ 日 午前9時~午後4時

〇西三河消費生活相談室
0564-27-0999
受付時間
月~金 午前9時~午後4時30分

[愛知県]「不当請求」に注意! – 悪質な事業者名の公表 -(第4報)

先日、管理人の仕事場にも不当請求ではないですが電力メーターに関する怪しい電話がかかってきました。

「不当請求」に注意! – 悪質な事業者名の公表 -(第4報)

平成29年4月以降、はがきによる不当請求を行う悪質な事業者が増加しています。
このため、愛知県では、県民の消費生活の安定及び向上に関する条例第13条の4の規定に基づき、5月2日に「民事訴訟管理センター」を、7月27日に「法務省管轄支局 民事訴訟管理センター」を、11月2日に「法務省管轄支局 国民訴訟通達センター」を、不当請求を行う悪質な事業者として公表しました。
こうした中、11月下旬以降は、「法務省管轄支局 国民訴訟告知管理センター」の名称により不当請求を行う事業者に関する相談が急増しています。そこで、今年度4件目となる事業者名の公表を行います。(本文続く…)

詳しくは以下をご覧ください
「不当請求」に注意! – 悪質な事業者名の公表 -(第4報) – 愛知県

市町村の消費生活相談窓口は、インターネットを御覧ください。
http://www.pref.aichi.jp/soshiki/kenminseikatsu/0000046193.html
※ これまでに公表した不当請求事業者の一覧は、インターネットにて御覧になれます。
http://www.pref.aichi.jp/soshiki/kenminseikatsu/0000084372.html
※ なお、法務省からも、注意喚起がなされています。
http://www.moj.go.jp/hisho/kouhou/hisho06_00434.html

インフルエンザが流行入りしました! – 愛知県(2017/12/6発表)

愛知県でもインフルエンザの流行入り発表されました。

インフルエンザが流行入りしました

Mojpe / Pixabay

—–
以下本文
—–
愛知県では「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」に基づき、県内の医療機関のうち195か所を定点として、インフルエンザについて発生動向調査を実施しています。

この調査結果によりますと、平成29年第48週(11月27日(月曜)から12月3日(日曜)まで)における県内のインフルエンザ患者の定点医療機関当たりの報告数注1)が、1.75となりました。

注1)定点医療機関当たりの報告数:定点医療機関からの一週間の総報告数÷定点医療機関数

厚生労働省では、例年、この数値が「1」を上回ると、「インフルエンザの流行入り」としており、本県において、本格的に流行シーズンを迎えるものと考えられます。

予防と早めの医療機関受診を心がけ、感染と重症化を防ぎましょう。

また、今後、保健所単位で「定点医療機関当たり10」を上回った場合には県内全域にインフルエンザ注意報を、同じく「30」を上回った場合にはインフルエンザ警報を発令します。
情報源: インフルエンザが流行入りしました! – 愛知県