[中京]子どもの声”で防犯パトロール(2021/1/16)

かなり前、自分が緑警察署協議会で委員をしていた頃ですが、各学区で青パトの導入がすすんでいたので、この提案をしたことがあります。
あとは「冬場でも寒いですが窓を開けていただくように」と。
自分もパトロール中に関係なく、基本的に窓を開けて走行しています。
サイレンや非常時の声が聴こえるかもしれない、通りすがりにパっと気になった人を確認するためにバックミラーじゃなくて(前方や後続車に注意しながら)振り返るためです。

そういえば出店荒らしを取り押さえてから間もなく1年です…。

—–
以下、ホームページから引用または抜粋
—–
コロナ禍で街中での防犯活動が制限される中、名古屋市緑区で、地元の小学生の声を使った、防犯パトロールが行われました。
防犯の車から鳴り響くのは、子どもたちの元気な声。「桃山パトロール隊です。空き巣が発生しています。センサーライトを使用して家の周りを明るくしましょう」
緑区桃山で15日夜、地元の有志らによる防犯パトロールが行われ、事前に収録した児童たちの声を使って、注意が呼びかけられました。
録音に協力した小学6年生の女子児童は、「おじいちゃんおばあちゃんが家で1人の時に、カギを閉めておいてほしい」と思いを語りました。
パトロール隊は、「子どもたちの明るい声で防犯意識を高めてもらいたい」としています。

—–
\”子どもの声\”で防犯パトロール 愛知・名古屋市(中京テレビNEWS) – Yahoo!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/articles/aab853e1e1bdcae80633e0b48822f9df9c12fd1e
—–

モデルボクサーとして名を馳せる高野人母美選手、復帰に向け緑ジムで練習

モデルボクサーとして名を馳せている高野人母美選手が復帰に向け緑ジムで練習をはじめ、いよいよ本格再始動されるそうです。こんな近くにお見えだったんですね。知らなかった…

モデルボクサーとして一世を風靡(ふうび)した女子ボクシング、元OPBF東洋太平洋女子スーパーバンタム級王者の高野人母美(33)が19日、再起を期し、世界王者を目指すことになった。昨年12月の試合を最後に休養状態だったが、復帰するため名古屋市緑区の緑ジムで12日からこの日までテストを兼ねて練習。同ジムの松尾敏郎会長からGOサインが出された。高野は「モデルはいらない」とボクサー1本で勝負する不退転の決意を示した。
(本文続く…)

詳しくは以下をご覧ください
—–
モデルボクサー高野人母美、世界王者めざし再起! 「態度で示すしかない」拳一本で不退転の決意(中日スポーツ) – Yahoo!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/articles/e8ec59afe901c61aed93c13a010f926090e5f64f
—–

[メ~テレ]名古屋の敬老パス 名鉄など民間路線バスでも利用可能に 2022年2月から(2020/11/30)

これまでも話題となっていましたが、いよいよ実現しそうです。
この件については、例えば地下鉄徳重と藤田医科大間は市バスと名鉄バスが並走(若干経由地に違いあり)しています。
ここで敬老パスを持っている人が利用できない名鉄バスに乗車してしまうことなどに注意を払う必要があります。
こういった懸念が払拭されることになりそうです。

—–
以下、ホームページから引用または抜粋
—–
名古屋市は、再来年の2022年2月から敬老パスの利用を拡大し、名鉄バスや三重交通などの民間路線バスも対象とする方針を明らかにしました。

名古屋市の敬老パスは現在、65歳以上を対象に所得に応じた負担金を支払うことで、市バスや市営地下鉄などが乗り放題となっています。

2022年2月からは「年間730回の利用制限」が設けられますが、JR東海や名鉄、近鉄など民間の鉄道会社でも、名古屋市内での利用に限り利用できるよう対象が拡大される予定です。

30日の市議会で、自民党の斉藤高央議員は敬老パスの利用拡大について、名鉄バスや三重交通バスなどの民間路線バスを対象に加える考えがあるか質問しました。

市の健康福祉局長は「鉄道拡大の時期と同じく再来年2月を目標としてしっかり準備をしたい」と答弁しました。

—–
名古屋の敬老パス 名鉄など民間路線バスでも利用可能に 2022年2月から- 名古屋テレビ【メ~テレ】
https://www.nagoyatv.com/news/?id=003869
—–