[伊勢タウン]日本遺産認定を記念「有松絞り」展示会 17日から宇陀市で(2021/9/11掲載)

奈良県宇陀市で「有松絞り」の日本遺産認定を記念した展示会が開催されるとのことです。
地元の話題ではないですが、遠方でも地場の特産品を紹介していただけるのはありがたいですね。

【展示予定の有松絞りの帯など=名張市で】

繊細な風合い手に取って

江戸時代に尾張藩が特産品として保護し、約400年の歴史を有する絞り染めの織物「有松絞り」の日本遺産認定を記念した展示会が、9月17日から20日まで奈良県宇陀市室生三本松の「きもの座 服部」で開かれる。入場無料。

東海道40番目の宿場・鳴海宿に程近い、現在の名古屋市緑区の有松地区で開祖・竹田庄九郎らによって生まれた有松絞りは、東海道を行き来する旅人の土産品として重宝され、日本建築の並ぶ街並みの景観美でも知られている。模様の型を布に写してさまざまな形状に絞り、染色・糸抜きをして仕上げるもので、絞りの技法は数十種類から100種類ほどあると伝わっている。

今回は、浴衣や着物、名古屋帯や小紋柄の着尺、小物の他、「有松絞り400周年記念実行委員会」が大相撲の横綱・白鵬関に贈った浴衣など70、80点が並ぶ予定。店主の服部由孝さんは「繊細な絞りや染めがどんな風合いになっているか、身近に持ってもらえるものも用意しているので、一度手に取ってみて」と話していた。

時間は午前10時から午後6時(最終日は同5時)まで。新型コロナウイルスの感染状況などで中止となる場合がある。

問い合わせは同店(0745・92・2052)まで。

2021年9月11日付803号21面から

—–
日本遺産認定を記念「有松絞り」展示会 17日から宇陀市で | 【伊賀タウン情報 YOU】

日本遺産認定を記念「有松絞り」展示会 17日から宇陀市で


—–

桶狭間の戦いについての寄稿が掲載されています

美術展ナビに「義元左文字と桶狭間の戦い 信長はなぜ勝てたのか?六角氏の加勢の新史料」と題された寄稿が掲載されていました。

読み応えのある内容です。興味のある方はご一読ください。

9月15日に開幕した「刀剣 もののふの心」(サントリー美術館)では、数々の名刀が展示されています(10月31日まで)。中でも「名物義元左文字めいぶつよしもとさもんじ」(建勲たけいさお神社蔵)は、織田信長が桶狭間の戦いで今川義元から奪った歴史的な刀剣として知られています。近年研究が進む桶狭間の戦いについて、名古屋城調査研究センターの原史彦主査(近世武家文化等に関する調査研究担当)に寄稿してもらいました。

—–
【寄稿】義元左文字と桶狭間の戦い 信長はなぜ勝てたのか?六角氏の加勢の新史料 ? 美術展ナビ
https://artexhibition.jp/topics/news/20210915-AEJ508314/
—–

[建通新聞]緑区公職者連絡会が鳴海駅前再開発など市に重点要望(2021/9/2掲載)

名古屋市緑区選出の市会議員、愛知県議会議員で構成する緑区公職者連絡会は9月2日、2022年度の予算編成に向けた市長要望を行った。鳴海駅前第2種市街地再開発事業に伴う公共施設の集約化など、重点要望8項目、個別要望5項目からなる要望書を中田英雄副市長に手渡した。

—–
名市 鳴海駅前再開発などを重点要望|建設ニュース 入札情報、落札情報、建設会社の情報は建通新聞社
https://www.kentsu.co.jp/webnews/html_top/210902300064.html
—–

[朝日]2畳分の絵手紙で岡崎の魅力を展示 名古屋・伏見(2021/8/20掲載)

【愛知】岡崎の風景を絵手紙に込めて――。名古屋市緑区の絵手紙作家、石田季実枝さんが描いた2畳分の大きな絵手紙が名古屋・伏見で展示されている。岡崎城はじめ、「不自由を常とおもへば不足なし」という徳川家康の遺訓碑を描いた石田さんは「コロナ禍で少しでも心を和ませてもらえたら」と話す。

岡崎信用金庫名古屋支店のロビーには約20点が並ぶ。岡崎城の絵手紙は、日本画で使う和紙の一つ麻紙(まし)に描かれ、藤が咲き誇る。3月に修復された日吉山王社の本殿や、菅生神社の奉納花火など岡崎の名所や風物詩を描いた作品もある。31日まで(午前8時~午後7時)。入場無料。

石田さんが主宰する「さわやか絵手紙の会」のNPO法人設立10年を記念した作品展も、近くの碧海信用金庫御園支店で開かれている。(志村英司)

—–
2畳分の絵手紙で岡崎の魅力を展示 名古屋・伏見:朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASP8M72H8P8LOIPE00K.html
—–

[伊賀タウン情報 YOU]「天使の羽」ある世界描く 伊賀市で24日から作品展(2021/7/10掲載)

名古屋市緑区在住の画家、大橋由起子さん(48)の作品展が、7月24日から同29日まで三重県伊賀市上野福居町のギャラリー「アートスペースいが」で開かれる。入場無料。

山本容子さんの作品に影響を受けて銅版画を始め、その下絵を学ぶために専門学校でイラストレーションを習った。当初は海や木、岩などをモチーフにしたイラスト調のものが中心だったが、近年は背中に〝天使の羽〟が生えた人物画が特徴的で、「幼いころから絵本が好きだったので、自分の心の世界の人物を描いている」という。

伊賀市で初となる今回の作品展には、はがき大からB1サイズの版画や原画(ペン、水彩)など約20点を展示予定。大橋さんは「作品を通じて、見ていただいた方と共感し合えるものがあれば幸いです」と来場を呼び掛けている。

時間は午前11時から午後6時(最終日は同4時)まで。

問い合わせは同ギャラリー(0595・22・0522)まで。

2021年7月10日付799号4面から

—–
「天使の羽」ある世界描く 伊賀市で24日から作品展 | 【伊賀タウン情報 YOU】

「天使の羽」ある世界描く 伊賀市で24日から作品展


—–