伝統や昔の生活に触れる…有松絞体験・昭和20年代以降の生活道具に触れる

平成29年2月15日の中日新聞朝刊に掲載されていました。

要約

  • 名大留学生が有松絞りを体験
  • 東丘小では昭和の暮らし体験
  • 観るだけでなく触れることも

名大留学生有松絞を体験

名古屋大の留学生が14日、緑区有松を訪れ、伝統工芸の有松絞の体験や街並み散策を楽しんだ。
地元の伝統工芸に触れてもらおうと、名大の国際教育交流センターキャリア支援室が催し、中国、オーストラリア、インドネシア、フランスなどからの四十人が参加した。 有松・鳴海絞会館で絞りの紹介映像を見たり、街や絞りの歴史を学んだりした後、絞りのハンカチ作りを体験。苦戦しながらも布を縫って絞り、オリジナル作品を作った。
「母がやる中国の刺しゅうとは、また異なって面白い。もっと工程を知りたい。本当にきれいで、帰国したら友人や家族にも伝えたい」と話した。

東丘小3年生手回し式洗濯機に行列

緑区の夷丘小学校で14日、恒例の「昔の暮らし体験」が開かれ、3年生約110人が昭和20年代以降の生活道具や暮らしの一端に触れた。
住民が持ち寄った足踏み式ミシンや、手回しで脱水する洗濯機などを使って15年ほど前から催している。社会科で善の暮らしを学ぶ3年生が参加し、学区区政協力委員会の委員長ら20人が手ほどきをした。
手回し式洗濯機には児童の行列ができ、二つのロールにタオルを挟み、レバーを回して水を絞り出す仕組みを体験。昭和20年代のカメラなどが展示され、着物の試着もあったほか、かつお節を削ったり、しちりんで焼いた煮干しを味わったりもした。
校長は「児童が地域の人と楽しみながら、今の生活を考える機会になれば」と話した。

平成29年2月15日付 中日新聞朝刊より

平成29年2月15日付 中日新聞朝刊より

[中日]絞り文化カフェで満喫「ライブラリーカフェ&バル 庄九郎」が8日オープン

絞り文化カフェで満喫 「ライブラリーカフェ&バル 庄九郎」

「開業資金ネット調達」有松で8日オープン

緑区有松に平成29年2月8日(水)、古民家を改装して地元の絞り文化を伝える「ライブラリーカフェ&バル 庄九郎」がオープンする。
歴史的建物を保存、活用して町づくりに生かす市の事業の第一号。7日に内覧会が開かれる。

市の事業は、埋もれつつある築五十年以上の民家や蔵などを飲食や雑貨店に生まれ変わらせ、地域の魅力向上につなげる狙い。インターネットを通じて不特定多数から資金を募る「クラウドファンデイング(CF)」の仕組みを活用。CFで目標額に達すると、500万円を上限に「なごや歴史まちづくり基金」から同額の補助が受けられる。

今回のカフェ&バルは、染織文化の継承を目指す地元のNPO法人「コンソーシアム有松鳴海絞」が企画。有松校の開祖・竹田庄九部の邸宅の一部を残し盈古民家を活用した。昨年10月に実施したCFと補助金の計1100万円で、三カ月かけて改修。八畳の板の間と五畳の茶室に最大20席を設けることができる。る。

店内には絞りの研究家、故竹田耕三さんが残した染織関係の蔵書を並べて自由に読めるようにするほか、絞りの魅力を伝える映像も流す。区内の三つの酒蔵の地酒もそろえる。

NPOの中村理事長は「江戸時代初頭に有松に入植し、街を開いた庄九郎がここにいたことを知ってほしい。飲食店が少なく夜は暗い有松の旧東海道筋に、一つ明かりをともせたら」と話す。

内覧会は7日午前11時~午後8時。参加自由。
営業はカフェが午前11時~午後4時、バルは午後5~10時。月曜定休。TEL:庄九郎=052(627)2055

ライブラリーカフェ&バル 庄九郎

ライブラリーカフェ&バル 庄九郎

[中日]「桶狭間塾」が開講(2017/2/7掲載)

「桶狭間塾」が開講

緑区、地域の歴史学ぶ

桶狭間の戦いや地域の歴史を学ぶ「桶狭間塾」が五日、緑区の桶狭間公民館で開講し、七十人が集まった。
桶狭間古戦場保存食(緑区)が初めて企画し、来年二月まで全八回開く。
初回のこの日は、会の梶野幸男ガイド部長が戦いの概要を説明。
織田信長が今川義元の大軍を破った戦いの経過や進軍ルート、潜伏地などを解説し「信長と義元、徳川家康の三人の人生が桶狭間の戦いで一変した。それをイメージして学べば、歴史のロマンが広がる」と話した。
戦争体験を経て長年、桶狭間の歴史を研究する梶野渡塾長も登壇し「戦いを繰り返さないため、まず地元の歴史を正しく学ぶことが大切」と語った。

「桶狭間塾」が開講

「桶狭間塾」が開講

緑区大好き!24万人プロジェクトが「なごやほんでキフ倶楽部」による図書寄贈と感謝状贈呈の様子が放映

平成28年11月25日(金)に徳重図書館で行われた緑区大好き24万人プロジェクトの図書寄贈と感謝状贈呈が平成28年12月11日(日)放送の「ナゴヤでしょ!」で事例紹介されました。

また15日(木)には同じ中京テレビの夕方放送の「キャッチ」内でも放送予定となっています。

2016/12/11 に公開 名古屋市の図書館では「なごやほんでキフ倶楽部」という新しい寄附の仕組みを作りました。これは、図書館に寄附したい方と図書館が事前に相談することで、双方の希望にあった寄附ができる仕組みです。 同倶楽部の対象は、個人、企業、団体の方。寄附の方法は、まずはどのようなジャンルの本や物品を寄贈したいかを同倶楽部の窓口に相談。図書館は意向を踏まえて、寄贈候補をリストアップし、提案します。リストにある本などに納得できたら、ご自分で購入して寄贈していただきます。 寄贈品の例としては、1万円なら絵本12冊、3万円なら紙芝居舞台2台などです。 寄附された方には寄附の金額によって様々な特典もあります。例えば、寄贈先の図書館でお名前を掲示したり、図書館ホームページでも紹介されます。 より一層充実した図書館づくりのため、「なごやほんでキフ倶楽部」にご協力お願いします。 ●問合せ先 〈なごやほんでキフ倶楽部〉 名古屋市鶴舞中央図書館整理課 TEL:052-741-3197

平成28年12月11日~平成29年2月28日の期間でリアル宝探しタカラッシュ!「信長秘宝伝~桶狭間への道~」開催

名古屋市観光文化交流局観光交流部観光推進室主催による「信長攻路×リアル宝探し 信長秘宝伝~桶狭間への道~」は、あなたが宝の地図の謎を解き、名古屋市・桶狭間で実際に宝を探すリアル宝探しイベントが平成28年12月11日~平成29年2月28日で開催されます。

【桶狭間の戦いにタイムスリップ!】12月11日~2月28日、名古屋市緑区桶狭間にて「信長秘宝伝~桶狭間への道~」が開催!信長攻路を駆け、成功に導く秘宝を見つけ出せ!

イベント名:信長秘宝伝~桶狭間への道~
開催期間:2016年12月11日(日)~2017年2月28日(火)
開催場所:愛知県名古屋市緑区桶狭間周辺
参加費:無料
想定所要時間:1時間30分
難易度:★★☆☆☆

宝の地図配布場所
■名古屋市名古屋駅観光案内所
中村区名駅一丁目1-4 (JR名古屋駅構内)
営業時間 9:00~19:00(休業日/12月29日~1月1日) ※1月2・3日は9:00~17:00

■オアシス21iセンター
東区東桜一丁目11-1(オアシス21地下1階)
営業時間 10:00~20:00(休業日/1月1日)

■名古屋市金山観光案内所
中区金山一丁目17?18(ループ金山1階)
営業時間 9:00~19:00(休業日/12月29日~1月1日) ※1月2・3日は9:00~17:00

※お問い合わせについてはメールのみ受付しております。
観光案内所ではお答え致しかねますのでご了承ください。
【お問い合わせ】信長攻路×リアル宝探し事務局〈takarush@nagoya-nobunaga.com〉
※回答には土日を除く3日程度、お時間をいただきます。

日常の世界を非日常の世界に変える体験型エンターテインメント『リアル宝探し』をTV番組、有名テーマパーク、観光地などで展開しています。幅広い年代が楽しめるリアル宝探しを通じて、多くの人々が思わず声をあげたくなるワクワク体験を提供していきます。リアル宝探しは年間200万人以上(2015年度)が参加しています。

情報源: 信長秘宝伝~桶狭間への道~|名古屋|リアル宝探しタカラッシュ!