東洋経済に河原崎辰也さんのインタビューが掲載されています @tkandmlb @ikushika1053

地元緑区を代表するミュージシャンでラジオ・パーソナリティも務められている河原崎辰也さんのインタビュー記事が東洋経済オンラインに掲載中です。

—–
以下、ホームページから引用または抜粋
—–

これまでにないジャンルに根を張って、長年自営で生活している人や組織を経営している人がいる。「会社員ではない」彼ら彼女らはどのように生計を立てているのか。自分で敷いたレールの上にあるマネタイズ方法が知りたい。特殊分野で自営を続けるライター・村田らむが神髄を紡ぐ連載の第103回。

情報源: 42歳、河原崎辰也が曲折経てつかんだ最高の天職 | 「非会社員」の知られざる稼ぎ方 | 東洋経済オンライン | 社会をよくする経済ニュース

カーテン専門店「アベインテリア」が後継者を募集 #アベインテリア

ジャンボエンチョーの北に位置し、自分はほぼ毎日、通勤時に前を通っているお店「アベインテリア」さんが、「事業承継マッチングプラットフォームrelay(リレイ)」で後継者を募集されるそうです。

—–
以下、ホームページから引用または抜粋
—–

名古屋市緑区にある「アベインテリア」はカーテンを中心としたインテリアの小売専門店。フルオーダーの縫製や取り付け、気に入ったカーテンのサンプ2代目として会社を経営する阿部社長は、新たなアイデアを持った若手に事業を承継しようと考えています。インテリアやファブリックが好き、人の生活に密着した商売をしてみたい、感性を生かして暮らしの場を作りたいと考える後継者を募集します。ル貸し出しにも対応できる柔軟なサービスが人気です。緑区に根ざして歴史を重ね、顧客リストは1,000件を超えるほど。地域に愛される人気店です。

今回の後継者募集について
「クラウド継業プラットフォーム relay(リレイ)」について
会社概要
1.今回の後継者募集について


アベインテリアはカーテンやブラインドを販売・施工する小売専門店です。椅子の張り替えや内装なども手がけていますが、メインはやっぱりカーテン。店内には丈の長いカーテンが所狭しと吊るされています。

アベインテリアが、前身のアベカーテンとして名古屋市南区で創業したのは1964年。先代社長は名古屋市の大須で、椅子やカーテンの問屋で修行を積んだのち、カーテンの小売店を開業しました。時は東京オリンピック開催や、イザナギ景気の真っ只中。新築住宅が次々と建てられ、カーテンもどんどん売れていったと言います。

先代社長は“10万円パック”を打ち出し、どんな大きさの窓でも10万円ポッキリで、縫製から取り付けまでを請け負いました。通常10数万円かかるカーテンが、追加費用なく、10万円で購入できるプランは大好評。縫製を社内で行い、ダイレクトな仕入れなどを駆使して可能になった安価なパッケージ販売によって、売上はさらに伸びていきました。

現在お店のある緑区に移ってからも、先代社長のアイデアは絶好調。新築住宅の減少を補おうと、小中学校に緞帳や飾り幕、教室の遮光カーテンを販売したり、病院のカーテンをいち早くリース契約したりして、販路を拡大していきました。
阿部社長「インテリアやファブリックが好きな方なら、きっと楽しく展開できる事業だと思います。現場仕事もありますが、それほどハードな仕事ではありませんから、女性でも大丈夫です。お客様の生活に寄り添う喜びを感じる方に事業を託したいですね。」

圧倒的な知名度と顧客数を味方に、カーテンを中心に幅広く内装全般の提案ができる体制は整っています。
あなたの感性を存分に生かして、インテリア店をより魅力的なものへと変えていきませんか。
関連URL:https://relay.town/articles/e-abe/
【協業や掲載のお問い合わせ先:株式会社ライトライト】

TEL:0985-77-8046
Mail:info@relay.town
担当:齋藤めぐみ

2.「クラウド継業プラットフォーム relay(リレイ)」について
「クラウド継業プラットフォーム relay(リレイ)」は、事業を譲りたい経営者と、事業を譲り受けたい候補者をマッチングさせるサービスです。従来のM&Aマッチングサイトと異なり、どんな想いで企業や店舗を運営してきたか、オーナーの横顔を含めた想いを記事化し、後継者を公募するという特徴があります。


※公式Webサイト:https://relay.town/
3.会社概要
【株式会社ライトライト】
所在地 :宮崎県宮崎市清武町池田台7-3
代表取締役:齋藤 隆太
資本金 :65,010,000円
事業内容 :事業承継マッチングプラットフォーム「relay(リレイ)」開発/運営
コーポレートサイト:https://light-right.jp/

情報源: 愛知県名古屋市のカーテン専門店「アベインテリア」が「事業承継マッチングプラットフォームrelay(リレイ)」で後継者を募集。|【西日本新聞me】

[中日]熊本復興へ元おもてなし武将隊が映画製作 20日から上映「架け橋になれば」(2022/5/17掲載) @shunsukedesu62 @mamoriya_khp

地元緑区で芸能事務所「kidsheartプロモーション(キッズハートプロモーション)」を経営し、自身も元名古屋おもてなし武将隊で2代目織田信長など役者・俳優として活躍されている佐野俊輔さんが製作した「護(まも)り屋-『願い』」の記事が中日新聞に掲載されていました。映画「護(まも)り屋-『願い』」は令和4年5月20日(金)から26日(木)の間、名古屋・熊本・東京・大阪・福岡の映画館で上映されます。

なるぱら内で「kidsheartプロモーション」に関する情報を検索

なるぱら内で「佐野俊輔」に関する情報を検索

なるぱら内で「護り屋」に関する情報を検索

佐野俊輔 – Wikipedia

—–
以下、ホームページから引用または抜粋
—–

名古屋市緑区でタレント事務所を経営する元名古屋おもてなし武将隊の佐野俊輔さん(39)が名古屋と熊本を舞台に初めて製作した映画「護(まも)り屋-『願い』」が、二十日から名古屋市や東京などで上映される。熊本の武将隊との交流をきっかけに、地震から復興途上にある今の姿を伝えたいとの思いを込めた。佐野さんは「名古屋の人が作った映画が熊本との架け橋になれば」と願う。
佐野さんは名古屋城の名古屋おもてなし武将隊で二〇一二年から四年間、織田信長役を務め、熊本城おもてなし武将隊との共演で何度も九州を訪れた。退任直後の一六年四月に熊本地震が発生し、「何か支援ができないか」と年に一、二度はファンとのツアーを企画して現地を訪れてきた。
映画作りのきっかけは、新型コロナウイルスの感染拡大だった。武将隊を退いてからは舞台やイベントを中心に活動していたが、軒並み中止に。活動の場を失った事務所の若手や地元の仲間たちと、手探りで映像作品を制作し、インターネット配信などに取り組み始めた。
劇場公開を目指した四作目の舞台には、復興支援の一つのきっかけにしたいと熊本を選んだ。昨年十月には、熊本の武将隊にも出演してもらい、現地の関係者の力添えで熊本城内でもロケをした。
映画は、佐野さんが演じる主人公ら「護り屋」が、熊本地震で両親を亡くし声も失った少女らと出会い、大事な人を守る依頼を受け事件に巻き込まれていく内容。歌手の山川豊さん(63)や、名古屋のご当地アイドル「dela」の元キャプテン沢井里奈さんらも出演している。
「被災者でない私たちが地震を語ることに怖さもあった」と佐野さん。まず熊本の人たちに見てもらいたいと、三月に熊本城のイベントで上映会を開いて思いを語ると、「忘れないでいてくれることがうれしい」と感謝され、救われた気がしたという。
上映してくれる映画館を求めて営業して回り、名古屋市のミッドランドスクエアシネマ(中村区)とセンチュリーシネマ(中区)の他、東京や大阪の映画館で二十日から一週間の上映にこぎつけた。
製作費は文化庁の補助金とクラウドファンディングでまかない、地元企業の協賛も得て福祉施設の子どもらにチケットを配っている。佐野さんは「初めての映画製作でゼロから一にするのは大変だけど、たくさんの人たちに助けられ、愛情と思いで実現できた。ぜひ多くの人に見てほしい」と話している。
中日新聞掲載の護り屋「願い」と 佐野俊輔さんの紹介記事

中日新聞掲載の護り屋「願い」と 佐野俊輔さんの紹介記事

情報源:熊本復興へ元おもてなし武将隊が映画製作 20日から上映「架け橋になれば」:中日新聞Web

映画 護り屋「願い」 間もなく5都市でロードショー #護り屋 #CCNet @mamoriya_khp

令和4年5月20日(金)から26日(木)、映画 護り屋「願い」 が5都市で劇場上映されます。ぜひご覧ください!!

—–
以下、ホームページから引用または抜粋
—–

ヤツらの仕事は「#護り屋」。
読んで字の如く依頼人の生命を護ることがヤツらの役目。
たとえ自分の身を犠牲にしてでも… そんな護り屋のもとに一風変わった依頼人?が現れる!
アウトローに生きてきたヤツらは一体なにを護るのか!
【映画『護り屋〜願い〜』5月20日(金)〜26日(木)まで劇場上映決定‼️】 #CCNet

画像

—–
映画「護り屋」製作委員会▶︎5月20日ロードショー‼︎(@mamoriya_khp)さん / Twitter

—–

情報源: HOME | 映画「護り屋」オフィシャルサイト