「混迷期を抜け出す意見を第一に求める」争奪之時は、策略を以て先と為す

争奪之時は、策略を以て先と為す

―争奪之時、以策略為先―

[原文](三国志 魏書 徐宣伝)
爭奪之時、以策略為先
[書き下し文]
争奪の時は、策略をもってて先となす
[原文の語訳]
争奪の時勢では、策略を優先にする
[解釈]
帝が人材を起用する時には、時勢にあわせて争奪の混迷期には策略家を優先にするということです。
まずは混迷を抜け出すために衆知が必要です。そのためには策略の知恵に長けている人材を起用しなくてはいけません。
トップは低迷期や停滞期には浮上できる案を広く求め、その中で自らの責任において意見を採用し決断することになります。分母(意見の数)が大きければそれだけ知恵も集まるのです。
[参考]
中國哲學書電子化計劃字典

#三国志 #正史三国志 #魏書 #蜀書 #呉書 #今日の一言 #徐宣 #明帝 #曹叡 #桓範

[正史 三国志]

平成29年(2017年)7月24日からの今日の一言は「正史 三国志」からの一言をもとに自分なりに追記や解釈して掲載しています。

[人を動かす名言名句集―21世紀に生きる]

平成28年(2016年)9月1日からから平成29年(2017年)6月15日までの今日の一言は「人を動かす名言名句集―21世紀に生きる」からの一言をもとに自分なりに追記や解釈して掲載しています。

[中国古典一日一言]

平成27年(2015年)5月1日から平成28年(2016年)4月30日までの今日の一言は「中国古典一日一言」守屋洋(著)から、同月同日の一言をもとに自分なりに追記や解釈して掲載しています。

今日の一言

今日の一言

「資質があるかは未知数」朝廷の望も、社稷は未だ知らずなり

朝廷の望も、社稷は未だ知らずなり

―朝廷之望、社稷未知也―

[原文](三国志 魏書 陳矯伝)
朝廷之望、社稷未知也
[書き下し文]
朝廷の望も、社稷(しゃしょく)は未だ知らずなり
[原文の語訳]
朝廷では頼りにされていますが、国家を支えるとなると未知数です
[解釈]
司馬懿は国家を支える資質を備えているだろうという同意を求める意見に対し、朝廷では期待を背負って頼られているが、帝を補佐し国家を支えるとなるとその能力は未知数でなんとも言えないと安易に同意しません。部分的には秀でてはいるが全体を担うとなると、期待に応えうる能力を備えているかはわからないということです。
組織で抜擢や担当者する際に、成し遂げる能力を備えているか見極める必要があります。特にリーダーやトップとなると広く統括する能力も必要となります。
名選手名監督にあらずとも言います。野球ならば監督を補佐するヘッドコーチの位置でしょうか。どの職位においても適材適所の資質が大事なのです。
[参考]
中國哲學書電子化計劃字典

#三国志 #正史三国志 #魏書 #蜀書 #呉書 #今日の一言 #陳矯 #文帝 #曹丕 #司馬懿

[正史 三国志]

平成29年(2017年)7月24日からの今日の一言は「正史 三国志」からの一言をもとに自分なりに追記や解釈して掲載しています。

[人を動かす名言名句集―21世紀に生きる]

平成28年(2016年)9月1日からから平成29年(2017年)6月15日までの今日の一言は「人を動かす名言名句集―21世紀に生きる」からの一言をもとに自分なりに追記や解釈して掲載しています。

[中国古典一日一言]

平成27年(2015年)5月1日から平成28年(2016年)4月30日までの今日の一言は「中国古典一日一言」守屋洋(著)から、同月同日の一言をもとに自分なりに追記や解釈して掲載しています。

今日の一言

今日の一言

「贈り物で気持ちを伝える」豈以て小恵と為す

豈以て小恵と為す

―豈以為小恵―

[原文](三国志 魏書 陳矯伝)
豈以為小惠
[書き下し文]
あに以て小恵となす
[原文の語訳]
決してこれは小さな恩恵ではない
[解釈]
本人だけではなく家族に対しても自分の気持を伝えるための贈り物だということです。
対面した本人には正しく伝わっても、口伝えを挟むと真意は微妙に変化するものです。それを考慮し形で表すということです。
言葉は聞き手により受け取り方が変わります。ともすれば皮肉に感じることもあるかもしれません。そういった時に物で気持ちを伝えることは最善の方法かもしれません。
[参考]
中國哲學書電子化計劃字典

#三国志 #正史三国志 #魏書 #蜀書 #呉書 #今日の一言 #陳矯 #文帝 #曹丕

[正史 三国志]

平成29年(2017年)7月24日からの今日の一言は「正史 三国志」からの一言をもとに自分なりに追記や解釈して掲載しています。

[人を動かす名言名句集―21世紀に生きる]

平成28年(2016年)9月1日からから平成29年(2017年)6月15日までの今日の一言は「人を動かす名言名句集―21世紀に生きる」からの一言をもとに自分なりに追記や解釈して掲載しています。

[中国古典一日一言]

平成27年(2015年)5月1日から平成28年(2016年)4月30日までの今日の一言は「中国古典一日一言」守屋洋(著)から、同月同日の一言をもとに自分なりに追記や解釈して掲載しています。

今日の一言

今日の一言

「人並み外れた才略」明略人を過ごす

明略人を過ごす

―明略過人―

[原文](三国志 魏書 陳矯伝)
明略過人
[書き下し文]
明略(めいりゃく)人を過ごす
[原文の語訳]
明晰な策略は常人の域を超えている
[解釈]
人並み外れた才略をもつということです。
人智を超えるというのは余程の俊傑、稀代の名参謀ということにもなります。
非常時にあっても冷静に分析し、的確な献策をしてくれる人にそばに居てほしいものです。
[参考]
中國哲學書電子化計劃字典

#三国志 #正史三国志 #魏書 #蜀書 #呉書 #今日の一言 #陳矯 #文帝 #曹丕

[正史 三国志]

平成29年(2017年)7月24日からの今日の一言は「正史 三国志」からの一言をもとに自分なりに追記や解釈して掲載しています。

[人を動かす名言名句集―21世紀に生きる]

平成28年(2016年)9月1日からから平成29年(2017年)6月15日までの今日の一言は「人を動かす名言名句集―21世紀に生きる」からの一言をもとに自分なりに追記や解釈して掲載しています。

[中国古典一日一言]

平成27年(2015年)5月1日から平成28年(2016年)4月30日までの今日の一言は「中国古典一日一言」守屋洋(著)から、同月同日の一言をもとに自分なりに追記や解釈して掲載しています。

今日の一言

今日の一言

「最後まで守る」君は其の内を為し、臣は其の外を為す

君は其の内を為し、臣は其の外を為す

―君為其内、臣為其外―

[原文](三国志 魏書 陳矯伝)
君為其內、臣為其外
[書き下し文]
君はその内を為し、臣はその外を為す
[原文の語訳]
主君は内側に入り、家臣である自分は外側となる
[解釈]
国は滅亡し肝臓だけが残った主君に対し、臣下の弘演は自らの腹を割いてそれを体内に入れて亡くなった。主を守りきれなかった部下のせめてもの償いと抵抗です。
これを聞いた恒公は自分にはここまで尽くす臣下はいない、これは対岸の火事ではないと自戒したのです。
災害時、倒壊物や落下物から子どもを守るため、覆いかぶさる親御さんは多くいるはずです。組織でも仕事上のボディーガードではなく、私心で自らの危険を顧みずトップを助けることがあります。
最後の最後まで守ってくれうような人に周りにいてほしいものですし、自分も命を懸けてでも守る程の人を大事にしたいものです。
[参考]
中國哲學書電子化計劃字典

#三国志 #正史三国志 #魏書 #蜀書 #呉書 #今日の一言 #陳矯 #太祖 #曹操 #劉向 #新序 #恒公 #懿公 #弘演

[正史 三国志]

平成29年(2017年)7月24日からの今日の一言は「正史 三国志」からの一言をもとに自分なりに追記や解釈して掲載しています。

[人を動かす名言名句集―21世紀に生きる]

平成28年(2016年)9月1日からから平成29年(2017年)6月15日までの今日の一言は「人を動かす名言名句集―21世紀に生きる」からの一言をもとに自分なりに追記や解釈して掲載しています。

[中国古典一日一言]

平成27年(2015年)5月1日から平成28年(2016年)4月30日までの今日の一言は「中国古典一日一言」守屋洋(著)から、同月同日の一言をもとに自分なりに追記や解釈して掲載しています。

今日の一言

今日の一言

Copyright © All Rights Reserved · Green Hope Theme by Sivan & schiy · Proudly powered by WordPress