「少ない人員労力で大きな貢献を」為すところの者寡くして而るに悦ぶ者衆かな

為すところの者寡くして而るに悦ぶ者衆かな

―所為者寡而悦者衆矣―

[原文](三国志 魏書 鄧艾伝)
所為者寡而恱者衆矣
[書き下し文]
為すところの者寡(すくな)くして悦ぶ者衆かな
[原文の語訳]
少ない行為で多くの人を喜ばせるのだ
[解釈]
正しく共感させる行動であれば、少ない所作で周囲を感化させることができるということです。これは教化だけに限りません。
少ない行動は楽をするというよりも、効率よく稼働させるという意味で、それにより多くの人に満足してもらえることになります。
カイゼンや効率化は初めは労力も反対にもあい大変かもしれませんが、正しい道理であれば理解、納得してもらえるものです。
初めは大変ですが労力をかけずに貢献できる仕組みづくりをしたいものです。
[参考]
中國哲學書電子化計劃字典

#三国志 #正史三国志 #魏書 #蜀書 #呉書 #今日の一言 #鄧艾

[正史 三国志]

平成29年(2017年)7月24日からの今日の一言は「正史 三国志」からの一言をもとに自分なりに追記や解釈して掲載しています。

[人を動かす名言名句集―21世紀に生きる]

平成28年(2016年)9月1日からから平成29年(2017年)6月15日までの今日の一言は「人を動かす名言名句集―21世紀に生きる」からの一言をもとに自分なりに追記や解釈して掲載しています。

[中国古典一日一言]

平成27年(2015年)5月1日から平成28年(2016年)4月30日までの今日の一言は「中国古典一日一言」守屋洋(著)から、同月同日の一言をもとに自分なりに追記や解釈して掲載しています。

今日の一言

今日の一言

「正しいのに仕打ちを受ける事もある」白起の酷、復た於いて今日見るかな

白起の酷、復た於いて今日見るかな

―白起之酷、復見於今日矣―

[原文](三国志 魏書 鄧艾伝)
白起之酷、復見於今日矣
[書き下し文]
白起の酷、また今日見るかな
[原文の語訳]
白起への酷い仕打ちが、今日繰り返されるとは
[解釈]
先人の白起と同じように自分は正しい信念を貫きながら酷い仕打ちを受けることになることを嘆いたものです。
正しいはずが組織や上司の保身のために濡れ衣を着せられたりして強制排除されることは今でもあるものです。
大小にかかわらず正義のために尽力したのに仕打ちを受けることがあります。そこで腐らずいられるようにしましょう。
[参考]
中國哲學書電子化計劃字典

#三国志 #正史三国志 #魏書 #蜀書 #呉書 #今日の一言 #鄧艾 #白起

今日の一言

今日の一言

「とりあえず公言しておく」兵声を先にして而に実を後にする者あり

兵声を先にして而に実を後にする者あり

―兵有先声而後実者―

[原文](三国志 魏書 鄧艾伝)
兵有先聲而後實者
[書き下し文]
兵声(へいせい)を先にして実を後にする者あり
[原文の語訳]
宣戦布告を先にして、実動は後にすることがある
[解釈]
先に戦いに向かうと宣伝をすることで、精神的な先制攻撃をし相手を牽制、動揺させるということです。
大手企業では観測気球をあげて反響をみるという手法があります。
開発競争において他に先駆けて新商品やサービスを出すのではないか、発表するのではないかというライバルを焦らせる効果もあります。
個人であればあえて公言することで、しなくてはいけなと自分で追い詰め、実現に向かう推進力とすることがあります。
相手は他社他人ではなく自分自身のこともあります。自分に勝つためにもあえて公言してみるのもよいかもしれません。
[参考]
中國哲學書電子化計劃字典

#三国志 #正史三国志 #魏書 #蜀書 #呉書 #今日の一言 #鄧艾

[正史 三国志]

平成29年(2017年)7月24日からの今日の一言は「正史 三国志」からの一言をもとに自分なりに追記や解釈して掲載しています。

[人を動かす名言名句集―21世紀に生きる]

平成28年(2016年)9月1日からから平成29年(2017年)6月15日までの今日の一言は「人を動かす名言名句集―21世紀に生きる」からの一言をもとに自分なりに追記や解釈して掲載しています。

[中国古典一日一言]

平成27年(2015年)5月1日から平成28年(2016年)4月30日までの今日の一言は「中国古典一日一言」守屋洋(著)から、同月同日の一言をもとに自分なりに追記や解釈して掲載しています。

今日の一言

今日の一言

「保身にはしらず貢献を第一とする」忘我而不自必、乃所以為忠也

我を忘れ自らを必せず、すなわち以て忠となすところなり

―忘我而不自必、乃所以為忠也―

[原文](三国志 魏書 毌丘倹伝)
忘我而不自必、乃所以為忠也
[書き下し文]
我を忘れ自らを必せず、すなわち以て忠となすところなり
[原文の語訳]
我を忘れて自分自身に固執しない、それが忠義とするところである
[解釈]
自身の保身にはしらず捧げる姿勢こそ、忠義だということです。
個人でも組織人であれば事業を通じるなどして社会に貢献することを目的としていれば、自然と忠義が軸となるものです。
顧客に対して商品やサービスを提供し満足してもらうことを第一とすることも忠義のひとつかもしれません。
[参考]
中國哲學書電子化計劃字典

#三国志 #正史三国志 #魏書 #蜀書 #呉書 #今日の一言 #毌丘倹

[正史 三国志]

平成29年(2017年)7月24日からの今日の一言は「正史 三国志」からの一言をもとに自分なりに追記や解釈して掲載しています。

[人を動かす名言名句集―21世紀に生きる]

平成28年(2016年)9月1日からから平成29年(2017年)6月15日までの今日の一言は「人を動かす名言名句集―21世紀に生きる」からの一言をもとに自分なりに追記や解釈して掲載しています。

[中国古典一日一言]

平成27年(2015年)5月1日から平成28年(2016年)4月30日までの今日の一言は「中国古典一日一言」守屋洋(著)から、同月同日の一言をもとに自分なりに追記や解釈して掲載しています。

今日の一言

今日の一言

「察する力を養う」君侯、何若。若しく復たべからず数日中は忍ぶ也

君侯、何若。若しく復たべからず数日中は忍ぶ也

―君侯何若若不可復忍数日中也―

[原文](三国志 魏書 高堂隆伝)
君侯何若若不可復忍數日中也
[書き下し文]
君侯(との)、何若(いかに)。若しく復たべからず数日中は忍ぶなり
[原文の語訳]
君侯(との)にはどうか事の次第で二度とないことですから数日中はたえられないでしょうか
[解釈]
数日で状況が変わりそうなので、もうしばらく辛抱してほしいということを遠回しに伝えているものですが、相手には通じませんでした。
理由がわからなければ受け入れられるわけがありませんが、状況によっては遠回しな言い方しかできない場合があります。
特に情に任せた状態の相手になかなか伝えることは難しいものです。
相手が直接言葉にしていないながらも、何を伝えたいのか察することができるようになりたいものです。
[参考]
中國哲學書電子化計劃字典

#三国志 #正史三国志 #魏書 #蜀書 #呉書 #今日の一言 #毌丘倹

[正史 三国志]

平成29年(2017年)7月24日からの今日の一言は「正史 三国志」からの一言をもとに自分なりに追記や解釈して掲載しています。

[人を動かす名言名句集―21世紀に生きる]

平成28年(2016年)9月1日からから平成29年(2017年)6月15日までの今日の一言は「人を動かす名言名句集―21世紀に生きる」からの一言をもとに自分なりに追記や解釈して掲載しています。

[中国古典一日一言]

平成27年(2015年)5月1日から平成28年(2016年)4月30日までの今日の一言は「中国古典一日一言」守屋洋(著)から、同月同日の一言をもとに自分なりに追記や解釈して掲載しています。

今日の一言

今日の一言

Copyright © All Rights Reserved · Green Hope Theme by Sivan & schiy · Proudly powered by WordPress