なるみパラダイス なるぱらなるぱら - Re: [テレビ愛知]たけしのニッポンのミカタ!【何故そんなに安いの?衝撃価格の名古屋の魚屋さん】(2020/8/21放送) Re: 魚広場 市場(ナルミ杉本 旧:スーパー市場スギヤ) 移転再オープン(2014/10/9開店) - スポットへのコメント - フォーラム

名古屋市緑区の地域ポータルサイト なるみパラダイス 地域情報発信と情報アーカイブとコミュニティスペース 鳴海・有松・大高・桶狭間・徳重・滝ノ水の地域情報など

当サイトに掲載している情報につきまして、新型コロナウイルス拡大に伴い今後の拡大防止のため令和2年3月以降の催事・イベント・祭礼について中止や延期となていっています。管理人としましても極力中止となった旨をお知らせするため随時修正を行いますが、通年行事(行政主催のものなど)につきましては修正されていないものがあります。お手数ですが開催有無の確認を主催者さまなどにお願いいたします。

名古屋市緑区内でテイクアウト・お持ち帰り・デリバリー・出前を行っている飲食店の一覧にしたまとめページ 名古屋市緑区 テイクアウト・お持ち帰り・デリバリーを実施しているお店のまとめ を開設中です。店舗も随時追加しています。ご利用ください。

Re: [テレビ愛知]たけしのニッポンのミカタ!【何故そんなに安いの?衝撃価格の名古屋の魚屋さん】(2020/8/21放送) Re: 魚広場 市場(ナルミ杉本 旧:スーパー市場スギヤ) 移転再オープン(2014/10/9開店)

対象モジュール エリアスポット
件名 魚広場 市場(ナルミ杉本 旧:スーパー市場スギヤ) 移転再オープン(2014/10/9開店)
要旨 平成26年10月9日(木)午前9時開店。 おそらく事業者名から、潮見が丘から砂田に移転し、スーパー市場スギヤとして2007/12/26~2010/5(平成22年5月)営業していたナルミ杉本が、ドン・キホーテ...

このトピックの投稿一覧へ

なし Re: [テレビ愛知]たけしのニッポンのミカタ!【何故そんなに安いの?衝撃価格の名古屋の魚屋さん】(2020/8/21放送) Re: 魚広場 市場(ナルミ杉本 旧:スーパー市場スギヤ) 移転再オープン(2014/10/9開店)

msg# 1.4.1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2020/8/22 6:13
narupara  管理人   投稿数: 6500
名古屋市緑区にある鮮魚店・魚広場 ナルミ杉本。店主の杉本貞夫さん(65歳)は、書いているように箱売りだと説明。箱売りのタイ20匹は、都内スーパーの約6分の1。 刺身用のイワシも約50匹で395円は都内の6分の1以下。立地は名古屋市郊外の住宅街にある創業35年の魚屋。安さゆえに、名古屋市緑区のお食事処 味福のご主人も毎日買いに来るという。魚はすべてナルミ杉本で仕入れている。人気メニューは魚介を散りばめた上海鮮丼。プロも認める品質だが、店主の杉本貞夫さんは、日本一安いと豪語する。果たして儲かっているのか、杉本社長に密着して深堀り。店主の杉本貞夫さんが毎日仕入れている名古屋市中央卸売市場。活気あふれるセリが始まるが、遠巻きに眺める。セリの終了後、仲買に話しかけ、激安の買値を提示。半額以下で仕入れていた。セリの間フラフラ見ていたのは、状態のいい魚がどこで売れ残ったかを確認するため。杉本さんは仲買人の性格にあわせて交渉の仕方で値切る。その時、杉本さんい1本の電話が。

安く買える良質な魚を求めて、名古屋市 中央卸売市場を歩き回る魚広場 ナルミ杉本の社長・杉本貞夫さん。そのとき、1本の電話が入った。仲買人から売れ残ったマグロを安く買って欲しいとの連絡だった。仲買人は社長は義理難い、困った時にこれ買ってというと絶対買ってくれる、値引きをやっとけと言われると断れないと話していた。売れ残りのリスクを抱える仲が人と直接交渉し、ウィンウィンの関係。なぜそこまで安さにこだわるのか。19歳で寿司屋の見習いになり魚の魅力に取り憑かれると魚屋に転職。自らの交渉能力の高さに気付いた。30歳の時に鮮魚店を開業し、35年間安さを追求した。自ら運転し運んできた魚を店へ。すると、店内にはすでに客が待ち受けていた。

激安で魚を仕入れ、店に戻ってきた杉本さん。即座に荷降ろし。すると、店内にはすでに客が待ち受けていた。到着するやいなや、その場で値付けして販売。さらに、自ら切り分け即座に値段をつけていく。すべての魚の買値を記憶しているという。閉店1時間前になると、かなり品薄。マグロがあれば嬉しいという客に、おまけの上におまけ。閉店間際は残った魚を売切、在庫を残さず、新鮮な魚を仕入れる。杉本さんは安さ以外にも「安かろう美味かろうが原点、安かろうマズかろうでは一回買った人は二度とこない」「日本一安い魚屋の使命」だと語る。

名古屋のナルミ杉本から中継で、杉本貞夫さんが出演。杉本さんは、温泉は年に1~2回しか行かないといい、たまに一人で色々考えることもあるという。妻に逃げられたことは無いかと聞かれると、あるねと回答。今は一杯飲んだと明かしていた。安さに拘る理由について、どの店よりも高く売りたくない、とにかく日本一になりたいと話した。安く売ってお客さんが喜ぶ顔を見たら、これほどの幸せはないと話した。
投票数:4 平均点:5.00

投稿ツリー

  条件検索へ


ページの先頭へ戻る