なるみパラダイス なるぱらなるぱら - 第33回 有松絞りまつり

名古屋市緑区の地域ポータルサイト なるみパラダイス 地域情報発信と情報アーカイブとコミュニティスペース 鳴海・有松・大高・桶狭間・徳重・滝ノ水の地域情報など

年間表示月表示週表示一日表示予定一覧表示

予定表 -詳細情報-

件名 第33回 有松絞りまつり
開始日時 2017年 6月 3日 (土曜日)   9時00分
終了日時 2017年 6月 3日 (土曜日)   17時00分
場所 旧東海道 有松地区一帯
連絡先
詳細 江戸時代より受け継がれてきた伝統工芸有松絞りの魅力を十分に堪能できる祭り。絞りの実演・体験・展示・パレード、町並みツアー、山車飾りなど盛りだくさん。第33回を迎える今年はより充実したイベントを楽しむことができる。

有松・鳴海絞会館|有松絞商工協同組合
http://www.shibori-kaikan.com/
カテゴリー
投稿者 narupara
レコード表示 公開
繰り返し 毎日
2017-06-04 まで
初回分
最終更新日 2017年 6月 6日 (火曜日)
iCalendar(Win) iCalendar(Mac)
印刷する

コメント一覧

narupara  投稿日時 2017/6/6 5:32
名古屋市緑区有松の旧東海道一帯で三、四の両日、「第三十三回有松絞りまつり」があり、大勢の観光客らでにぎわった。

主催者によると、二日間で計九万人が来場した。昔ながらの風情が残る街並みには、伝統的な技法を継承するため、八十枚の絞りを使ったタペストリー「絞り回廊~未来へつなぐタペストリー~」が飾られ、職人による絞りの実演があった。

浴衣やスカーフなどの販売やガイドボランティアによる案内があり、通りは来場者であふれた。

絞りを体験した半田市の公務員伊藤仁美さん(33)は「有松の街並みが好き。普段はなかなか体験できないので、自分で作った物が残るのは良いですね」と話した。

伝統技法が街並み彩る 「有松絞りまつり」にぎわう:愛知:中日新聞(CHUNICHI Web)
http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20170605/CK2017060502000043.html
narupara  投稿日時 2017/6/2 5:28
江戸時代の面影を今も色濃く残す名古屋市緑区「有松」。
400年前、京都と江戸をつなぐ東海道沿いに誕生し、「絞り」の町として繁栄。
その背景には尾張徳川家が密接にかかわっていた。
年に1度の「有松絞りまつり」を控えた有松の昔と今に、地元出身アナウンサー"3人姉妹"が迫った。

UP! - 名古屋テレビ【メ~テレ】
http://www.nagoyatv.com/up/

ページの先頭へ戻る