「正しい正義を掲げて悪を成敗する」執義征暴

義を執し暴を征す

―執義征暴―

[原文](三国志 魏書 臧霸伝)
執義征暴
[書き下し文]
義を執(しつ)し暴を征(せい)す
[原文の語訳]
正義をつかさどって暴悪を征討する
[解釈]
悪事に対して正義を掲げて成敗するということです。
正義を掲げてもなかなか暴悪に対し正す行動を興すことはできないものです。有言実行するには勇気が必要です。
また掲げる正義が本当に正しいものか、独善的な正義でないか注意も必要です。常に対立構図を作り大衆迎合するポピュリズムを構築して周囲を扇動し、自らを正義と称するようなトップには困りものです。
[参考]
中國哲學書電子化計劃字典

#三国志 #正史三国志 #魏書 #蜀書 #呉書 #今日の一言 #臧霸

[正史 三国志]

平成29年(2017年)7月24日からの今日の一言は「正史 三国志」からの一言をもとに自分なりに追記や解釈して掲載しています。

[人を動かす名言名句集―21世紀に生きる]

平成28年(2016年)9月1日からから平成29年(2017年)6月15日までの今日の一言は「人を動かす名言名句集―21世紀に生きる」からの一言をもとに自分なりに追記や解釈して掲載しています。

[中国古典一日一言]

平成27年(2015年)5月1日から平成28年(2016年)4月30日までの今日の一言は「中国古典一日一言」守屋洋(著)から、同月同日の一言をもとに自分なりに追記や解釈して掲載しています。

今日の一言

今日の一言

Copyright © All Rights Reserved · Green Hope Theme by Sivan & schiy · Proudly powered by WordPress