「水増しして騙す」柴を曳いて塵を揚げる

柴を曳いて塵を揚げる

―曳柴揚塵―

[原文](三国志 魏書 閻溫伝)
曳柴揚塵
[書き下し文]
柴を曳いて塵(ちり)を揚げる
[原文の語訳]
柴を引きずって埃を立てる
[解釈]
塵を巻き上げることで、まるで多勢で移動しているかのように相手を騙すという方法です。
中身の見えない空箱を積み上げて、いかにもたくさん在庫を用意しているかのように相手に勘違いさせたりしますね。
惣菜品の上げ底もこういった手法の一つですね。
実体をうまくカモフラージュして相手に疑心暗鬼を生じさせる戦術も時に必要です。ただし水増しするにしても正当性をもって行わなくてはいけません。
[参考]
中國哲學書電子化計劃字典

#三国志 #正史三国志 #魏書 #蜀書 #呉書 #今日の一言 #閻溫 #世語 #楊阿若 #楊豊

[正史 三国志]

平成29年(2017年)7月24日からの今日の一言は「正史 三国志」からの一言をもとに自分なりに追記や解釈して掲載しています。

[人を動かす名言名句集―21世紀に生きる]

平成28年(2016年)9月1日からから平成29年(2017年)6月15日までの今日の一言は「人を動かす名言名句集―21世紀に生きる」からの一言をもとに自分なりに追記や解釈して掲載しています。

[中国古典一日一言]

平成27年(2015年)5月1日から平成28年(2016年)4月30日までの今日の一言は「中国古典一日一言」守屋洋(著)から、同月同日の一言をもとに自分なりに追記や解釈して掲載しています。

今日の一言

今日の一言

Copyright © All Rights Reserved · Green Hope Theme by Sivan & schiy · Proudly powered by WordPress