「安易に批評しない」毀誉は、愛悪の原にして而るに禍福の機なり

毀誉は、愛悪の原にして而るに禍福の機なり

―毀誉、愛悪之原而禍福之機也―

[原文](三国志 魏書 高堂隆伝)
毀譽、愛惡之原而禍福之機也
[書き下し文]
毀誉(きよ)は、愛悪(あいお)の原にして禍福の機なり
[原文の語訳]
誹ったり誉めることは、愛憎の原因となり禍福のきっかけとなる
[解釈]
批難したり誉めたりすることは、当人や周囲に愛憎の念を抱かせ、禍と幸せのきっかけとなるということです。
トップは影響力を考慮して、過分、過大に批評を行わないように注意しなくてはいけません。
不必要に誤解や憎悪を生まないためにも、安易に人や物事を批評しないように注意したいものです。
[参考]
中國哲學書電子化計劃字典

#三国志 #正史三国志 #魏書 #蜀書 #呉書 #今日の一言 #王昶

今日の一言

今日の一言

[正史 三国志]

平成29年(2017年)7月24日からの今日の一言は「正史 三国志」からの一言をもとに自分なりに追記や解釈して掲載しています。

[人を動かす名言名句集―21世紀に生きる]

平成28年(2016年)9月1日からから平成29年(2017年)6月15日までの今日の一言は「人を動かす名言名句集―21世紀に生きる」からの一言をもとに自分なりに追記や解釈して掲載しています。

[中国古典一日一言]

平成27年(2015年)5月1日から平成28年(2016年)4月30日までの今日の一言は「中国古典一日一言」守屋洋(著)から、同月同日の一言をもとに自分なりに追記や解釈して掲載しています。

Copyright © All Rights Reserved · Green Hope Theme by Sivan & schiy · Proudly powered by WordPress