「保身にはしらず貢献を第一とする」忘我而不自必、乃所以為忠也

我を忘れ自らを必せず、すなわち以て忠となすところなり

―忘我而不自必、乃所以為忠也―

[原文](三国志 魏書 毌丘倹伝)
忘我而不自必、乃所以為忠也
[書き下し文]
我を忘れ自らを必せず、すなわち以て忠となすところなり
[原文の語訳]
我を忘れて自分自身に固執しない、それが忠義とするところである
[解釈]
自身の保身にはしらず捧げる姿勢こそ、忠義だということです。
個人でも組織人であれば事業を通じるなどして社会に貢献することを目的としていれば、自然と忠義が軸となるものです。
顧客に対して商品やサービスを提供し満足してもらうことを第一とすることも忠義のひとつかもしれません。
[参考]
中國哲學書電子化計劃字典

#三国志 #正史三国志 #魏書 #蜀書 #呉書 #今日の一言 #毌丘倹

[正史 三国志]

平成29年(2017年)7月24日からの今日の一言は「正史 三国志」からの一言をもとに自分なりに追記や解釈して掲載しています。

[人を動かす名言名句集―21世紀に生きる]

平成28年(2016年)9月1日からから平成29年(2017年)6月15日までの今日の一言は「人を動かす名言名句集―21世紀に生きる」からの一言をもとに自分なりに追記や解釈して掲載しています。

[中国古典一日一言]

平成27年(2015年)5月1日から平成28年(2016年)4月30日までの今日の一言は「中国古典一日一言」守屋洋(著)から、同月同日の一言をもとに自分なりに追記や解釈して掲載しています。

今日の一言

今日の一言

Copyright © All Rights Reserved · Green Hope Theme by Sivan & schiy · Proudly powered by WordPress