なるみパラダイス なるぱらなるぱら - [NNN]緑区・大高緑地に「恐竜のアトラクション」(2015/10/16) Re: 大高緑地に「自然体験型恐竜探険アトラクション」平成28年7月頃開設予定 - 緑区まちかど情報 - フォーラム

名古屋市緑区の地域ポータルサイト なるみパラダイス 地域情報発信と情報アーカイブとコミュニティスペース 鳴海・有松・大高・桶狭間・徳重・滝ノ水の地域情報など

[NNN]緑区・大高緑地に「恐竜のアトラクション」(2015/10/16) Re: 大高緑地に「自然体験型恐竜探険アトラクション」平成28年7月頃開設予定

対象モジュール 緑区まちかど情報
件名 大高緑地に「自然体験型恐竜探険アトラクション」平成28年7月頃開設予定
要旨 平成27年10月15日(木)、愛知県庁にて大村愛知県知事による臨時記者会見が開かれました。 その中で県営大高緑地(大高緑地公園)における民間活力を活用した新たな公園施設について施設の...
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 .3 .4 .5 .6 .7 .8 .9 | 投稿日時 2015/10/17 9:03
narupara  管理人   投稿数: 5861
愛知県は15日、名古屋市緑区にある大高緑地に実物大の動く恐竜を展示した公園施設をつくると発表した。この日、大村秀章知事は会見で、緑区の「大高緑地」に民間企業と提携し、そのノウハウを生かした新たな公園施設を建設すると発表した。「大高緑地」の中に約3ヘクタールにわたってつくられる公園施設は、全長15メートルに及ぶティラノサウルスなど実物大の「動く」恐竜約30体が展示される予定で、その足元をカートに乗って探検する有料のアトラクションになるという。大村知事は「多くの人に森の中でほえる恐竜の探検をしてほしい」とPR。県は年間10万人の利用を見込み、来年の7月にオープンさせる予定だ。

緑区・大高緑地に「恐竜のアトラクション」 | NNNニュース
http://www.news24.jp/nnn/news86226913.html
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2015/11/9 7:08
narupara  管理人   投稿数: 5861
名古屋市緑区の県営公園「大高緑地」に来年七月にオープンする恐竜のテーマパーク「ディノアドベンチャーライド名古屋」の計画に、公園利用者の一部から疑問の声が上がっている。自然環境への影響や騒音を心配する人たちが「大高緑地を愛する会」を結成し、十日までをめどに署名活動を始めた。

県公園緑地課によると、施設は大高緑地の北西部にある若草山の西側約三・二ヘクタールの雑木林に整備。実物大の恐竜の模型約三十体がほえたり、動いたりする様子を自動カートや徒歩で楽しむ。施設の周囲は柵が設けられ、外から入れないようにする。隣接する駐車場から若草山につながる小道も通れなくなる。

若草山を活動場所にゼロ歳児から年長児までの約六十人が通う自主保育グループ「あおぞら」にとって、雑木林は子どもが自然に触れる学びの場。計画は寝耳に水で、深尾真理子代表(58)は「小鳥のさえずりが聞こえる場所に、ガオーという音や人工物の恐竜はいらない」と話す。

民間活力の導入を進める県の公募で「ディノアドベンチャーライド名古屋」が事業候補と決まったが、利用者や周辺住民、地元の緑区役所に事前説明がないまま、十月に計画が発表された。県の担当者は「園内の話なので、住民から意見を聞くことは考えていなかった」と認める。

「大高緑地を愛する会」の溝口江理子代表(63)によると、雑木林から駐車場を挟んだ森にはオオタカが営巣している。オオタカは種の保存法で希少種に指定され、生息地の土地所有者に対し、「保存に留意しなければならない」と義務付けられる。県の担当者は「事業地内には営巣していない。影響がないよう配慮する」と話す。

写真
集めた署名は県に提出する予定。溝口さんは「全てを中止するのは難しいかもしれないが、園内で場所を変えられないのか。利用者も県も事業者も納得できるよう、意見を聞く姿勢を持ってほしい」と求めている。

大高緑地の恐竜パーク計画に疑問の声 公園利用者「自然が学びの場」:愛知:中日新聞(CHUNICHI Web)
http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20151108/CK2015110802000049.html
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2015/11/14 11:45
narupara  管理人   投稿数: 5861
愛知県が大高緑地(名古屋市緑区)で来年夏に開業する恐竜テーマパークについて、地元の市民団体が13日、建設の見直しを求める署名を県に提出した。7千人以上の署名が集まったという。同日記者会見した市民団体「大高緑地を愛する会」の溝口江理子代表(63)は「建設予定地は緑が豊かで小鳥たちがたくさん鳴く貴重な場所だ」と説明した。

大高緑地の恐竜パーク、地元住民が建設反対 名古屋 :日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFD13H0J_T11C15A1CN8000/
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2015/11/15 6:13 | 最終変更
narupara  管理人   投稿数: 5861
県営大高緑地(大高緑地公園)内に計画が発表された恐竜テーマパークの建設反対を求める団体が先月末に発足し、先日7000筆以上の署名が大村知事に提出されたそうです。

う~ん、だとしたら春先に県が公募をかけた時点でなぜ声を挙げなかったのだろうかと考えるわけです。
この時点ですでに場所も決まっていたわけですし、3月30日に現地説明会が開かれ、県庁の担当部署で募集要項など応募に必要な書類の配布も行われ、当初は6月中旬に決定・発表することになっていたので、動向を探ることはできた気もするのですが...。

自分でさえ春先に募集を知っていたので、地元関係者の方なら募集発表の時点で反応されていてもよかったと考えます。

なるぱら - [中日]大高緑地に新遊戯施設 事業者を初公募(2015/3/28掲載) Re: [建通]愛知県 大高緑地で施設整備する事業者募集(2015/3/24掲載) - スポットへのコメント - フォーラム
http://www.narupara.com/modules/d3forum/index.php?post_id=6988

大高緑地を愛する会
http://ameblo.jp/aisurukai/
投票数:1 平均点:10.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2016/3/2 13:37 | 最終変更
narupara  管理人   投稿数: 5861
名古屋市緑区の県営公園「大高緑地」に今夏開設が予定される恐竜のテーマパーク「ディノアドベンチャーライド名古屋」の建設工事が今週中に始まる。周辺住民や市民団体から自然環境などへの懸念を受け、県は一部計画を変更させた。

県公園緑地課によると、建設予定地に隣接する保全林で希少種のオオタカが営巣するため、利用客が出入りするテーマパーク管理棟を遠ざける。恐竜の鳴き声が出るスピーカーは住宅街に向かせず、音量調節もする。渋滞対策には交通整理員を置く。

県は、地元の緑区区政協力委員長に説明し、「議論を尽くし、十分な対応策を取った」として着工を決めた。これに対し、市民団体「大高緑地を愛する会」の溝口江理子代表は「県からは説明がない。引き続き県に見直しを求める」と話す。

テーマパークは、岐阜県郡上市のキャンプ場運営会社が雑木林三・二ヘクタールに開設する。昨年十二月の着工予定だったが、自然環境の影響や周辺住宅街への騒音、交通渋滞を心配する声があり、県が対応策を検討していた。

「恐竜パーク」今週着工 名古屋・大高緑地:愛知:中日新聞(CHUNICHI Web)
http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20160302/CK2016030202000214.html

投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2016/3/2 13:38
narupara  管理人   投稿数: 5861
名古屋市緑区の大高緑地で、恐竜のテーマパークを建設しようとする開発側が、今週にも工事を始めることが分かった。1日朝、反対する住民が現地を訪れ、不安そうに見守っていた。工事開始を予告した看板が設置された現地ではこの日朝、関係者が測量する様子が見られた。恐竜のテーマパークは、大高緑地の一部約3ヘクタールの広さに実物大の「動く」恐竜約30体が展示され、今年7月に開業が予定されている。しかし、建設をめぐっては日本野鳥の会など35団体が、自然を守りたいなどとして、県に対し反対を訴える署名も提出されている。地元の住民らは、具体的な説明がないまま工事を始めるのは問題だとして、抗議の意思を示しているが、計画を許可した愛知県は説明の必要はないとしていて、今週にも工事を始めることにしている。

恐竜テーマパーク、今週にも着工へ 緑区 | NNNニュース
http://www.news24.jp/nnn/news86228867.html
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2016/6/25 10:03
narupara  管理人   投稿数: 5861
名古屋市緑区の大高緑地に恐竜のテーマパークが来月1日にオープンすることが明らかになった。
この恐竜パーク「ディノアドベンチャー名古屋」は愛知県が建設を進めていた。
今回のオープンは約0.9へクタールのみの「先行オープン」で、徒歩で約600メートルの遊歩道を巡る。
施設内には、ティラノサウルスをはじめとする12体の「動く恐竜」が設置されるという。
建設をめぐっては、一部抗議の声も出ているが、県は「進め方は適切」としている。

恐竜パーク、7月1日オープンへ 大高緑地 | NNNニュース
http://www.ctv.co.jp/ctvnews/news86230445.html
投票数:1 平均点:10.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2016/10/13 5:39
narupara  管理人   投稿数: 5861
今年7月、名古屋市緑区の大高緑地にオープンした恐竜パーク「ディノアドベンチャー名古屋」について、市民団体「大高緑地を愛する会」のメンバーが11日、愛知県の大村秀章知事に面会し、「事業の進め方は納得いくものではなかった」と訴えた。
市民団体は「近所に住んでいる私たちには何の情報もなかった。何らかの形で伝えてほしかった」と、事業の進め方が適切ではなかったと意見を述べた。
これに対し、大村知事は「記者発表などで情報提供し、地域代表者にも説明を行った。専門家の意見を聞き、環境には十分配慮して進めている」と応じた。

恐竜パーク 市民団体が愛知県知事に不満 | NNNニュース
http://www.news24.jp/nnn/news86231920.html
投票数:3 平均点:6.67
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2016/10/25 18:05
narupara  管理人   投稿数: 5861
H28.11月3日~

遊歩道の長さ
約600m(徒歩利用)

約900m(徒歩利用)

恐竜設置数
12体

18体

料金
大人:600円 / 中学生以下:400円

大人:800円 / 中学生以下:600円

※今後、カート乗車により恐竜体験を行う予定ですが、その時期については民間事業者が検討していくそうで、あわせて恐竜の増設なども行う予定となっているそうです。

大高緑地における民間活力を活用した新たな公園施設「ディノアドベンチャー名古屋」がパワーアップします - 愛知県
http://www.pref.aichi.jp/soshiki/koen/0000086213.html

投票数:1 平均点:10.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2016/11/4 13:45
narupara  管理人   投稿数: 5861
恐竜ロボットのテーマパーク 新たな恐竜を追加展示

名古屋市緑区の大高緑地の中にある恐竜ロボットのテーマパークで、新たな恐竜の展示が始まりました。
7月にオープンした「ディノアドベンチャー名古屋」は、恐竜ロボットが森の中の遊歩道に沿って展示されている施設です。
3日から肉食恐竜の「ディロフォサウルス」など新たに6種類を加え合計18体の展示となり、遊歩道も300m延長されました。
今後、カートに乗って移動することも検討していて、さらに恐竜の種類を増やしていく予定です。

東海地方ニュース - 名古屋テレビ【メ~テレ】
http://www.nagoyatv.com/news/?id=148903&p=1
投票数:0 平均点:0.00

  条件検索へ


ページの先頭へ戻る