「心をつかむ一文を」士之精藻

士これ精藻

―士之精藻―

[原文](三国志 魏書 邴原伝)
此一世異人、士之精藻
[書き下し文]
此れ一世の異人、士これ精藻
[原文の語訳]
この人は一人の優れた人物で、名士のうちでも精華で文才である
[解釈]
人物評価です。稀代の人物であり名士中の名士、その文才は人々の心に届くものがあるということです。
文芸は人を勇気づけるものといいます。後世に名を残すような名作家はそのような文章を綴るものです。
キャッチコピー等でも人々の関心をひく名コピーを続発するライターがいます。せめて、自分自身を表すキャッチーなコピーを一つもちたいものです。
[参考]
中國哲學書電子化計劃字典

#三国志 #正史三国志 #魏書 #蜀書 #呉書 #今日の一言 #邴原伝

[正史 三国志]

平成29年(2017年)7月24日からの今日の一言は「正史 三国志」からの一言をもとに自分なりに追記や解釈して掲載しています。

[人を動かす名言名句集―21世紀に生きる]

平成28年(2016年)9月1日からから平成29年(2017年)6月15日までの今日の一言は「人を動かす名言名句集―21世紀に生きる」からの一言をもとに自分なりに追記や解釈して掲載しています。

[中国古典一日一言]

平成27年(2015年)5月1日から平成28年(2016年)4月30日までの今日の一言は「中国古典一日一言」守屋洋(著)から、同月同日の一言をもとに自分なりに追記や解釈して掲載しています。

今日の一言

今日の一言

Copyright © All Rights Reserved · Green Hope Theme by Sivan & schiy · Proudly powered by WordPress