「属することは運命共同体」安有巢毀而卵不破者乎

いずくんぞ巣毀れて卵破らずものあるか

―安有巢毀而卵不破者乎―

[原文](三国志 魏書 崔琰伝)
安有巢毀而卵不破者乎
[書き下し文]
いずくんぞ巣毀れて卵破らずものあるか
[原文の語訳]
どうして巣が壊されて卵が破れずにいられようか
[解釈]
巣が壊されてしまったら、中にある卵が無事でいられるはずがないということから、組織に汚名がふりかかれば、属する人も同じ類という目で見られるということです。
同じく禍を被れば、何かしらの悪影響が及ぶということでもあります。どんな組織であれ属するということは全員運営の一人となり、全員が運命共同体となるのです。
一部の人のせいで全体に不利が生じる場合があります。一人ひとりが看板を背負っている意識をきちんともちたいものです。
[参考]
中國哲學書電子化計劃字典

#三国志 #正史三国志 #魏書 #蜀書 #呉書 #今日の一言 #崔琰 #魏氏春秋 #孔融 #太祖 #曹操

[正史 三国志]

平成29年(2017年)7月24日からの今日の一言は「正史 三国志」からの一言をもとに自分なりに追記や解釈して掲載しています。

[人を動かす名言名句集―21世紀に生きる]

平成28年(2016年)9月1日からから平成29年(2017年)6月15日までの今日の一言は「人を動かす名言名句集―21世紀に生きる」からの一言をもとに自分なりに追記や解釈して掲載しています。

[中国古典一日一言]

平成27年(2015年)5月1日から平成28年(2016年)4月30日までの今日の一言は「中国古典一日一言」守屋洋(著)から、同月同日の一言をもとに自分なりに追記や解釈して掲載しています。

今日の一言

今日の一言

Copyright © All Rights Reserved · Green Hope Theme by Sivan & schiy · Proudly powered by WordPress