「眼力で圧倒する」瞋目盼之

目を瞋らして之を盼す

―瞋目盼之―

[原文](三国志 魏書 許褚伝)
瞋目盼之
[書き下し文]
目を瞋(いか)らして之を盼(へん)す
[原文の語訳]
目を怒らせて相手をにらみつける
[解釈]
相手をキッと睨みつける、眼力で威嚇、威圧するということです。
曹操が馬超に、ここにいるのが君の訊ねた虎侯(許褚)だと紹介すると、許褚は馬超を鋭い眼力で睨みつけたということです。武勇を誇る馬超でさえその圧力に曹操を暗殺する計画を断念したのです。
空き巣被害の防犯ステッカーに「誰かが見てる」というコピーとともに目の部分だけをデザインしたものがありますね。
目は口ほどに物をいう、商品は黙って真実を語るといいます。観ること、観られることを意識しておきたいですね。
[参考]
中國哲學書電子化計劃字典

#三国志 #正史三国志 #魏書 #蜀書 #呉書 #今日の一言 #許褚 #太祖 #曹操 #馬超

[正史 三国志]

平成29年(2017年)7月24日からの今日の一言は「正史 三国志」からの一言をもとに自分なりに追記や解釈して掲載しています。

[人を動かす名言名句集―21世紀に生きる]

平成28年(2016年)9月1日からから平成29年(2017年)6月15日までの今日の一言は「人を動かす名言名句集―21世紀に生きる」からの一言をもとに自分なりに追記や解釈して掲載しています。

[中国古典一日一言]

平成27年(2015年)5月1日から平成28年(2016年)4月30日までの今日の一言は「中国古典一日一言」守屋洋(著)から、同月同日の一言をもとに自分なりに追記や解釈して掲載しています。

今日の一言

今日の一言

Copyright © All Rights Reserved · Green Hope Theme by Sivan & schiy · Proudly powered by WordPress