「余計な疑惑をもたせない」褚備內臣、衆談足矣

褚は内臣に備える、衆談に足れり矣

―褚備内臣、衆談足矣―

[原文](三国志 魏書 許褚伝)
褚備內臣、衆談足矣
[書き下し文]
褚は内臣(ないしん)に備える、衆談に足れり矣
[原文の語訳]
許褚は君の側近の臣下に控えている身、大勢で話し合う時で充分でしょう
[解釈]
最下位ではあるがトップの側にいる一人である自分が、他派の重鎮と個人的に会うことで余計な詮索を生むだけであり、大勢で集まったときに話をするだけで十分だということです。
たとえその気がなくても二人でいるところを目撃されるだけで、あらぬ疑いをかけられる危険性があります。
信用や信頼を築くには時間がかかりますが崩壊は一瞬です。余計な疑惑を持たれないよう気をつけたいものです。
[参考]
中國哲學書電子化計劃字典

#三国志 #正史三国志 #魏書 #蜀書 #呉書 #今日の一言 #許褚

[正史 三国志]

平成29年(2017年)7月24日からの今日の一言は「正史 三国志」からの一言をもとに自分なりに追記や解釈して掲載しています。

[人を動かす名言名句集―21世紀に生きる]

平成28年(2016年)9月1日からから平成29年(2017年)6月15日までの今日の一言は「人を動かす名言名句集―21世紀に生きる」からの一言をもとに自分なりに追記や解釈して掲載しています。

[中国古典一日一言]

平成27年(2015年)5月1日から平成28年(2016年)4月30日までの今日の一言は「中国古典一日一言」守屋洋(著)から、同月同日の一言をもとに自分なりに追記や解釈して掲載しています。

今日の一言

今日の一言

Copyright © All Rights Reserved · Green Hope Theme by Sivan & schiy · Proudly powered by WordPress