「とりあえず公言しておく」兵声を先にして而に実を後にする者あり

兵声を先にして而に実を後にする者あり

―兵有先声而後実者―

[原文](三国志 魏書 鄧艾伝)
兵有先聲而後實者
[書き下し文]
兵声(へいせい)を先にして実を後にする者あり
[原文の語訳]
宣戦布告を先にして、実動は後にすることがある
[解釈]
先に戦いに向かうと宣伝をすることで、精神的な先制攻撃をし相手を牽制、動揺させるということです。
大手企業では観測気球をあげて反響をみるという手法があります。
開発競争において他に先駆けて新商品やサービスを出すのではないか、発表するのではないかというライバルを焦らせる効果もあります。
個人であればあえて公言することで、しなくてはいけなと自分で追い詰め、実現に向かう推進力とすることがあります。
相手は他社他人ではなく自分自身のこともあります。自分に勝つためにもあえて公言してみるのもよいかもしれません。
[参考]
中國哲學書電子化計劃字典

#三国志 #正史三国志 #魏書 #蜀書 #呉書 #今日の一言 #鄧艾

[正史 三国志]

平成29年(2017年)7月24日からの今日の一言は「正史 三国志」からの一言をもとに自分なりに追記や解釈して掲載しています。

[人を動かす名言名句集―21世紀に生きる]

平成28年(2016年)9月1日からから平成29年(2017年)6月15日までの今日の一言は「人を動かす名言名句集―21世紀に生きる」からの一言をもとに自分なりに追記や解釈して掲載しています。

[中国古典一日一言]

平成27年(2015年)5月1日から平成28年(2016年)4月30日までの今日の一言は「中国古典一日一言」守屋洋(著)から、同月同日の一言をもとに自分なりに追記や解釈して掲載しています。

今日の一言

今日の一言

Copyright © All Rights Reserved · Green Hope Theme by Sivan & schiy · Proudly powered by WordPress