全国展開を目指した新しい天ぷら屋「さくや」が来春新規開業へ

全国展開を目指した新しい天ぷら屋が平成29年春に新規開業するそうです。
このところ大手飲食チェーン店さんが新業態として展開し始めるなどしていますね。
とくに今回はホームセンターや水処理事業といった畑違いの業界からの参入ということで、ディックさん展開する天ぷら屋「さくや」さん、どういった調査分析による戦略なのか知りたいところです。

ホームセンターや水処理事業のダイキ(現DCMダイキなど)を創業した大亀孝裕氏=DCMダイキ会長=が設立した新会社「ディック」(松山市)が2017年春から、県産の魚や野菜などの天ぷらを提供する飲食事業を始める。
全国で天ぷら店をチェーン展開する計画で、1号店をDCMダイキ竹原店(松山市竹原3丁目)の敷地内に来春オープンさせ、初年度は県内で5店舗程度を出店する予定。日本食ブームが続く海外への進出も視野に入れており、大亀健太取締役は「スピード感を持って進めたい」と話している。
同社によると、天ぷらは季節を問わず食べられている点や、自宅で揚げ物をあまり調理しなくなっていることなどを踏まえ、需要があると判断した。チェーン展開する天ぷら店は、客の目の前で調理して揚げたてを出すスタイルを採用。サラリーマン向けのランチを中心に、580~980円の定食などを提供する予定にしている。

ディック、天ぷら店チェーン展開へ| 愛媛新聞ONLINE

関連するタグはありません。

関連する投稿

コメント