「組織内では親子は関係ない」家に居るは父子為り、事を受けては君臣為り

家に居るは父子為り、事を受けては君臣為り

―居家為父子、受事為君臣―

[原文](三国志 魏書 任城威王彰伝)
居家為父子、受事為君臣
[書き下し文]
家に居るは父子為(な)り、事を受けては君臣為り
[原文の語訳]
家に居るときは父と子であっても、事を受命すれば君と臣となる
[解釈]
家では親子であったとしても、組織の中では上司と部下の関係となるということです。
家族経営の会社であったり、芸能や職人の世界など師弟関係のあるところでも、従事中は親子であることを感じさせないようしなければ他に示しがつかなくなります。
逆に君臣関係であれば、子であろうと親の間違いを正す必要があります。公私の区別をわきまえることが大事です。
[参考]
中國哲學書電子化計劃字典

#三国志 #正史三国志 #魏書 #蜀書 #呉書 #今日の一言 #任城威王彰 #曹彰 #太祖 #曹操

[正史 三国志]

平成29年(2017年)7月24日からの今日の一言は「正史 三国志」からの一言をもとに自分なりに追記や解釈して掲載しています。

[人を動かす名言名句集―21世紀に生きる]

平成28年(2016年)9月1日からから平成29年(2017年)6月15日までの今日の一言は「人を動かす名言名句集―21世紀に生きる」からの一言をもとに自分なりに追記や解釈して掲載しています。

[中国古典一日一言]

平成27年(2015年)5月1日から平成28年(2016年)4月30日までの今日の一言は「中国古典一日一言」守屋洋(著)から、同月同日の一言をもとに自分なりに追記や解釈して掲載しています。

今日の一言

今日の一言

Copyright © All Rights Reserved · Green Hope Theme by Sivan & schiy · Proudly powered by WordPress