2017-12-07 新刊も既刊も書籍の気になるタイトルから

新刊も既刊も書籍の気になるタイトルから

新刊も既刊も書籍の気になるタイトルから

タイトル買いするかのように、タイトルで気になるものをピックアップしています。
内容確認をしているわけではないので、コメントは内容と一切関係ないです…すいません。
一時期、タイトルや巻末だけでその本の感想コメントを語り合うというものがありましたね。

西郷隆盛に学ぶ 最強の組織を作る100のルール 沢辺 有司(著/文)(彩図社)

今年から来年にかけけては西郷関連の書籍は増加傾向ですね。

リーダーのための『貞観政要』超入門 内藤 誼人(著/文)(水王舎)

貞観政要に関する書籍も何冊か手にしましたが、あえてここで超入門に目を通すのも概念を初期化するのによいかもしれません。

漢字川柳 長崎あづま(著/文)(論創社)

漢字の意味を五七五でということでしょうか。
文字数が限られる中でいかに表現するか。辞書掲載にも通じそうな気がして気になります。

マンガでわかる日本の神様 東條 英利(監修)(誠文堂新光社)

考えてみると、あまり日本の神様って知らないのです。
そういう意味で手に取りやすいマンガタイプというのが気になりました。

売れないものを売る方法? そんなものがほんとにあるなら教えてください! 川上 徹也(著/文)(SBクリエイティブ)

教えてほしいです。

生産性アップ! 短時間で成果が上がる「ミーティング」と「会議」 沖本 るり子(著/文)(明日香出版社)

無駄に時間を要する会議には困りものです。
以前もこの手の本を読んで実践したことがあり、多少の効果はありましたが、他人に委ねた途端にリセットされましたwww

増補版「読む力」はこうしてつける 吉田新一郎(著/文)(新評論)

読み手の手法ということで今回の中で最も気になった1冊です。

最強の経営を実現する「予材管理」のすべて 横山信弘(著/文)(日本実業出版社)

「予材管理」という言葉が気になりました。製造業向けかな?でも飲食にも通じるものを自分なりに探したいです。

図解でわかる 暗記のすごいコツ 碓井孝介(著/文)(日本実業出版社)

難しい漢字でも1ポイントだけ覚えればなぜか書けるようになるという記憶方法がありました。
それくらい簡潔なコツだったらいいなぁ…。

[読了]短篇ベストコレクション 2016 現代の小説

短篇ベストコレクション 2016 現代の小説 .
著:日本文藝家協会 .
.
Short version Best Collection 2016 Modern novel.
Author:Japanese Female Fellowship Association.
.

短篇ベストコレクション 2016 現代の小説

短篇ベストコレクション 2016 現代の小説

.
短編小説集は同一作家のものは読んだことはありますが、複数の作家群によるものは初めてでした。.
読みやすさにこれほど極端な差ができるものかと感じました。.
.
Although I wrote the collections of short stories from the same writers, it was the first time by multiple writers. .
I felt that extreme difference could be made in readability.
.
2015年に発表された短篇小説のなかから、優秀作を選び抜いた珠玉のコレクション。心を温め、鷲掴みにし、ときには棘を刺すなど、時間を忘れさせてくれる、朝倉かすみ、大沢在昌、荻原浩ら16人による短篇を収録。
.
#読了 #短篇小説 #日本文藝家協会 .
.
From the short story announced in 2015, a collection of gems that picked out excellent works. Kanumi Asakura, Osazumi Osawa, Hirohisa Ogihara, short stories by 16 people, which warm your heart, let you forget time, such as stabbing thorns, sometimes thorns.
.
#Read #ShortStory #JapanFamiliaristsAssociation

2017-11-24 新刊も既刊も書籍の気になるタイトルから

新刊も既刊も書籍の気になるタイトルから

新刊も既刊も書籍の気になるタイトルから

タイトル買いするかのように、タイトルで気になるものをピックアップしています。
内容確認をしているわけではないので、コメントは内容と一切関係ないです…すいません。
一時期、タイトルや巻末だけでその本の感想コメントを語り合うというものがありましたね。

『三国志』からリーダーの生き方を学ぶ 宇山 卓栄(著/文)(三笠書房)

「歴史は失敗の繰り返し」という言葉もあります。
失敗は必然ですし、三国志は多くの失敗者のうえに成り立っている事実です。

JavaScriptもウェブアプリも含めて一つくらいプログラミングを習得したいと考えながらもできないまま20年…。
これ、12歳からということであれば、自分でも理解できるところからはじめられそうです。

12歳からはじめるJavaScriptとウェブアプリ TENTO(著/文)(ラトルズ)

東京からちょっと旅 ちいさな美術館めぐり 土肥裕司(著/文)(ジー・ビー)

近場(都内?)の美術館紹介ですかね。
新聞やネットで聞いたこともない名前の美術館が紹介されていると「へぇ~こういう美術館もあるんだ」って驚くことがあります。

本物の読書家 乗代 雄介(著/文)(講談社)

今回の中でタイトルが最も気になったタイトルです。

1時間で10倍の成果を生み出す最強最速スキル 時給思考 金川顕教(著/文)(すばる舎)

時短と生産性向上の指南書を感じさせるタイトルですね。
確かに「時給換算すると」と考える機会は多いです。

2017-11-21 新刊も既刊も書籍の気になるタイトルから

新刊も既刊も書籍の気になるタイトルから

新刊も既刊も書籍の気になるタイトルから

タイトル買いするかのように、タイトルで気になるものをピックアップしています。
内容確認をしているわけではないので、コメントは内容と一切関係ないです…すいません。
一時期、タイトルや巻末だけでその本の感想コメントを語り合うというものがありましたね。

90秒にかけた男 髙田 明(著/文):他1名(日本経済新聞出版社)

「いかにも」というタイトルに思わず手を出したくなります。
充分な準備と一秒も無駄にしない集中力というところに行き着くのではないかと。

歴史の勉強法 山本博文(著/文)(PHP研究所)

歴史はからっきし苦手です。そうであるからこそ、このタイトルには惹かれるものがあります。

[新訳]貞観政要 田口佳史(著/文)(PHP研究所)

関係ないですが新訳というのは、基本的に全訳ではないのでしょうか。
この本はどうなんだろうか。

ライフハック大全―――人生と仕事を変える小さな習慣250 堀 正岳(著/文)(KADOKAWA)

ハック系は手にしたくなっちゃいますね。

たった一言で人を動かす 最高の話し方 矢野 香(著/文)(KADOKAWA)

見た目や最初が肝心というところで、瞬間的な印象というのは非常に大事ですね。

戦略研究21 戦略はどう決まるのか 戦略研究学会(編集)(芙蓉書房出版)

タイトルだけでいかにも難しいそうですね

読むだけで運がよくなる77の方法 リチャード・カールソン(著/文):他1名(三笠書房)

本当に「読みだけ」というと都合が良さそうですが…

勝てる脳、負ける脳 一流アスリートの脳内で起きていること 内田 暁(著/文):他1名(集英社)

モチベーションの上げ方というよりも科学的な解説なのかな?という印象です。

「富士そば」は、なぜアルバイトにもボーナスを出すのか 丹 道夫(著/文)(集英社)

タイトルだけで「そうなんだ」で、すいません。
でもなぜボーナスが出せるるのかは気になりますね。

超訳「言志四録」西郷隆盛を支えた101の言葉 濱田浩一郎(著/文)(すばる舎)

言志四録はパラパラ程度しか読んでいませんが、いつかはじっくり読みたいと考えているところです。
その中で選ばれた101の言葉ということで入門書的な書籍としてもよいかもしれません。

ハーバードメディカルスクール式 人生を変える集中力 ポール・ハマーネス(著/文):他3名(文響社)

集中力はほしいところなので気になります。

日本電産 永守重信が社員に言い続けた仕事の勝ち方 田村 賢司(著/文)(日経BP)

どんな言葉群なのか。今回の中で最も気になるタイトルです。

「いい会社」のよきリーダーが大切にしている7つのこと 瀬戸川礼子(著/文)(内外出版社)

いつか…参考なまでに。

無印良品のPDCA 松井忠三(著/文)(毎日新聞出版)

ムジグラムは参考にさせてもらいました。それに続くものではないかと。

2秒で自分を伝える! 平野 佳(著/文)(日本経済新聞出版社)

わずか2秒で伝えることができるとなると常に準備しておく必要もあるということですが、それが習慣となれば意識することもなくなりますね。

[読了]すらすら読める養生訓

すらすら読める養生訓 .
著:立川 昭二(たちかわ しょうじ) .
.

すらすら読める養生訓

すらすら読める養生訓

.
A curing lesson that you can read easily.
Author: Tachikawa Shoshiji.
.
A piece of excerpt from explanation of curing training.
I read it as an introductory position before reading this story.
It is based mainly on psychological care such as attitude to health.
The curing lesson is not a purpose itself to live long, but an admonition alert for that to live long enough to enjoy old age.
There are not many concrete health laws.
.
#Reading #A-curing-lesson-that-you-can-read-easily #TachikawaShoshiji #yojokun #KaibawaEkiken .
.
養生訓から一部を抜粋し解説したもの。.
本編を読む前の入門的な位置づけとして読みました。.
健康に対する心構えなど心理面での養生を主体にしています。.
養生訓は長生きすること自体が目的ではなく、老後を楽しむために長生きする、そのための訓戒集です。.
具体的な健康法などはあまりありません。.
.
#読了 #すらすら読める養生訓 #立川昭二 #貝原益軒

Copyright © All Rights Reserved · Green Hope Theme by Sivan & schiy · Proudly powered by WordPress