インフルエンザが流行入りしました! – 愛知県(2017/12/6発表)

愛知県でもインフルエンザの流行入り発表されました。

インフルエンザが流行入りしました

Mojpe / Pixabay

—–
以下本文
—–
愛知県では「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」に基づき、県内の医療機関のうち195か所を定点として、インフルエンザについて発生動向調査を実施しています。

この調査結果によりますと、平成29年第48週(11月27日(月曜)から12月3日(日曜)まで)における県内のインフルエンザ患者の定点医療機関当たりの報告数注1)が、1.75となりました。

注1)定点医療機関当たりの報告数:定点医療機関からの一週間の総報告数÷定点医療機関数

厚生労働省では、例年、この数値が「1」を上回ると、「インフルエンザの流行入り」としており、本県において、本格的に流行シーズンを迎えるものと考えられます。

予防と早めの医療機関受診を心がけ、感染と重症化を防ぎましょう。

また、今後、保健所単位で「定点医療機関当たり10」を上回った場合には県内全域にインフルエンザ注意報を、同じく「30」を上回った場合にはインフルエンザ警報を発令します。
情報源: インフルエンザが流行入りしました! – 愛知県

No tags for this post.

この投稿へのコメントは受け付けていません。

コメント一覧